石川県で新築を建てるときの住宅関連の補助・助成制度(2)

前回の記事に続いて、引き続き石川県内の補助・助成制度の内容を紹介します。

能美市の住宅支援制度(新築)

定住促進支援制度 能美市内に住宅を取得した方に対しての補助
・45歳未満の世帯で地域コミュニティへの参画に同意
補助金額:
1.市外居住者で新たに能美市内で住宅を取得した方 20万円
2.市内居住者で新たに定住促進特区で住宅を取得した方 10万円
3.市内居住者で定住促進特区外に新たに住宅を取得し、親世代同居型世帯を構成する方 10万円
詳しくはこちら
加賀の木づかい奨励金 地域産材を利用して住宅を新築する場合に奨励金を支給
・住戸の専用面積が75㎡以上の住宅
・住宅面積1㎡当たりの地域産材使用量が0.12立方m以上の住宅
奨励金額:20万円
詳しくはこちら
バリアフリー住宅助成事業 要介護者等に配慮されたバリアフリーな構造への助成
・要介護者等が日常生活に使用する住宅の部分全般的に配慮
・「玄関」「廊下・階段」「便所」「浴室・洗面所」「台所・食堂」「居間」の6区分中、市が指定したバリアフリー工事の内容が2項目以上の該当が3区分以上
詳しくはこちら
能美市自然エネルギー設備設置補助 自ら居住する市内の住宅に補助対象設備を設置する人に補助
・住宅用太陽光発電システム
・住宅用小型風力発電システム(定格出力200W以上)
・住宅用薪・ペレットストーブ設備
詳しくはこちら

野々市市の住宅支援制度(新築)

野々市市勤労者住宅支援補助金
(勤労者自己住宅資金利子補給制度)
市内において新築のマイホームを建築した資金について3年間利子の一部を補給
・事業主に常時雇用されている人
・市内に自ら居住するための住宅を新築し金融機関等から住宅資金の融資を受けている人
・借入金の1年間の利子を含む返済額が前年の所得の25%を超える人
・野々市市定住促進奨励金の交付を受けていない人
補助金額:利子補給対象となる借入金の年当初残高の1%(7万5千円以内)
詳しくはこちら
野々市市未組織労働者信用保証料補給制度 石川県労働者信用保証基金協会の債務保証料の一部を補給
・住宅資金 市内に住居を新築し居住しようとする未組織労働者
・労働者生活資金融資制度を利用される人の内、労働組合のない勤労者の人
補助金額:保証料の内、債務保証を受けた日から3年度分以内の保証料相当額
詳しくはこちら
生け垣設置助成金 道路に面する箇所で生け垣の長さが列状に2m以上、樹木の数が1m当たり2本以上
詳しくはこちら

川北町の住宅支援制度(新築)

生垣設置奨励補助金 ・居住用建物の敷地内に総延長2m以上列状に設置されること
・公共道路等に2m以上面すること
・生垣の高さは1m以上の高木で成木に達したとき5m程度となる樹木
詳しくはこちら
住宅用太陽光発電システム設置費補助 居住する町内の一戸建て住宅に太陽光発電システムを新規に設置する個人の方に補助
・住宅の屋根等への設置に適した低圧配電線と逆潮流有りで連係
・太陽電池の最大出力が10kw未満のシステム
詳しくはこちら

津幡町の住宅支援制度(新築)

住宅取得等奨励金 戸建て住宅を新築し津幡町に定住する方に対し交付する奨励金
助成額:新築に係る住宅借入金の年末残高(土地の購入費除く)の1%に相当する額とし、年額20万円を上限として5年間助成
加算額:(初年分のみ)
1)申請者が直系尊属(親や祖父母)と同居 5万円
2)新規転入者 5万円
3)夫婦ともに新規転入者で、いずれかが40歳以下 5万円
4)世帯に16歳未満の子や孫あり 1人につき5万円
5)津幡町内の建築業者が新築 10万円
詳しくはこちら
津幡町木の家づくり奨励金 地元の良質なスギ柱を使用する木造個人住宅を新築する方に奨励金を交付
・「いしかわの木が見えるたてもの推進事業」の申請をされた方
・1戸建て住宅ですぎ柱(金沢森林組合産)を50本以上使用
・スギ柱の長さがおおむね3m以上であり、幅と厚さが10,5cm以上
・スギ柱の要件について、津幡町の登録した者による証明を受けたもの
奨励金:柱1本当たり2,500円(限度額20万円)
詳しくはこちら
農村定住奨励金 農山村への定住を目的として住宅を新築した方に対する奨励金
・同居の配偶者又は直系親族がおり、かつ居住開始日に世帯員に40歳以下の者がいること
・床面積が50㎡以上の戸建て家屋であり、床面積の2分の1以上が自己居住用
奨励金額:20万円(世帯員全員が新規転入者の場合は40万円)
加算額:居住開始日に世帯に16歳未満の子や孫がいる場合 1人につき5万円
詳しくはこちら
住宅用太陽光発電システム設置補助制度 住宅用の太陽光発電システムを設置する方に補助金を交付
・住宅の屋根等への設置に適した低圧配電線と逆潮流有りで連系し、太陽電池の最大出力が10kw未満のもの(未使用)
補助金額:出力1kwあたり2万円
詳しくはこちら

内灘町の住宅支援制度(新築)

雨水浸透施設等設置費補助金制度 1基当たり、対象経費の3分の2の金額
補助金額:
・雨水貯留施設(浄化槽転用)限度額8万円
・雨水浸透施設 限度額2.3~3.5万円
・雨水貯留槽施設 限度額2~2.5万円
詳しくはこちら

志賀町の住宅支援制度(新築)

定住促進住まいづくり奨励金 新規・再転入者の定住のための住宅取得に対し奨励金を交付
・志賀町建築業者により新築された住宅
奨励金額:
志賀町建築業者により建設された新築住宅に要した2.5%に相当する額又は50万円のいずれか低い額
詳しくはこちら
志賀町住宅用太陽光発電システム設置補助 住宅用の太陽光発電システムの設置に要する費用の一部を補助
補助金額:
70,000円/kW×システムの最大出力(4kWまで)、または補助対象事業費の1/10の金額のいずれか低い額(最大で28万円)
詳しくはこちら

宝達志水町の住宅支援制度(新築)

宝達志水町若者等定住バックアップ制度 住宅新築等奨励金
本町に定住するための新築に対して50万円を支給。
※町が分譲した宅地(土地開発公社の宅地分譲も含む)を購入し、住宅を新築したときは100万円を支給。
・以前から本町に住民票がある方は40歳未満の方が対象
詳しくはこちら
住宅用太陽光発電システム設置の補助 新品の設備でシステムの最大出力が10kW未満
補助金額:出力1kWあたり25,000円(上限10万円)
※町の分譲地を新たに購入し建設した住宅、出力1kWあたり50,000円(上限20万円)
詳しくはこちら

中能登町の住宅支援制度(新築)

定住促進奨励金 ・新築住宅建築工事費の2.5%に相当する額で、最大50万円を支給
対象:
1.町外から転入された世帯
2.中能登町に在住の世帯
3.町内建築業者と契約し新築
詳しくはこちら
雨水貯留槽設置購入費補助金 雨水貯留槽を設置される家庭に補助金を交付
・直接雨どいから接続し、耐久性があり地上に設置できるもの
・製品として購入可能なもので、貯留容量が100L以上のもの
補助金額:購入金額の3割(限度額2万円)
詳しくはこちら
住宅用太陽光発電補助制度 太陽光発電設備を設置し地球温暖化防止に取り組む家庭に助成
助成額1kWhあたり45,000円(上限4kWh、180,000円)
詳しくはこちら

穴水町の住宅支援制度(新築)

定住促進奨励金制度 定住を目的とした住宅取得に要する経費の一部を助成
・平成23年4月1日以後に定住を目的として穴水町に転入し住宅を取得する方
・町内に住所を有する40歳以下の方で新築住宅を取得される方
・自己居住用の床面積が50平米以上で延べ床面積の2分の1以上
・住宅の取得費用が500万円以上のもの
住宅奨励金:新築住宅30万円
詳しくはこちら
穴水町住宅用太陽光発電システム設置補助金 居住する町内の住宅に住宅用太陽光発電システムを設置する方に補助金を交付
・住宅の屋根等に設置し、未使用品であるもの
・低圧配電線と逆潮流有りで連係をするもの
・太陽電池モジュ-ルの最大出力が10kw未満のもの
補助金額:最大出力の値に25,000円を乗じて得た額(上限100,000円)
詳しくはこちら

能登町の住宅支援制度(新築)

ふるさと定住住宅助成金 U・I ターン者の住宅新築費用の一部を助成
・ 能登町にU・Iターンし、自らが定住すること
・ 20歳以上で助成金交付日から5年以上定住する意思があること
・ 町内業者の施工
助成金額:500,000円
詳しくはこちら
能登町住宅用太陽光発電システム設置費補助金 住宅用太陽光発電システムを設置する方に補助金の交付
補助金の額:太陽電池の最大出力1kwあたり50,000円を乗じた額(上限200,000円)
詳しくはこちら
LINEで送る

お問い合わせはこちらから 「どんな家がいいんだろう」「何から始めればいいの?」「見積もりをお願いしたい」「とにかくまずは見てみたい」に、私たちがお答えします。お気軽にご連絡ください。TEL 076-422-8489(平日:10:00~19:00)

※オスカーホームの対応エリアをお確かめください。対応エリアはこちらをクリックして確認

OSCAR J.J 住まいのトータルパートナー

建てる、買う、売る、直す。聞く、話す、知る。オスカーは全てカバーします。

  • 家を建てるなら OSCAR HOME
  • 困ったらすぐ電話しよう 住まいるオスカー
  • 不動産住宅を買うなら オスカー不動産
  • ショッピングモール GREEN STAGE
  • OSCAR J.J