知っておきたい、消費税10%に伴う住宅支援制度~次世代住宅ポイント制度

2019年10月からの、消費税10%引き上げ。これに伴い、住宅取得に関しては、負担を軽減するために4つの支援策が用意されています。これらを順に紹介していきます。3回目は、次世代住宅ポイント制度についてです。

次世代住宅ポイント制度とは

次世代住宅ポイント制度とは、一定の省エネ性、耐震性、バリアフリー性能などを満たす住宅や家事負担の軽減に役立つ住宅の新築やリフォームをされた方に対し、さまざまな商品と交換できるポイントを発行する制度です。ポイントですので、現金の支給ではありません。ここはご注意を。

対象とする住宅の契約・引き渡しの期間

※注意 税率引き上げ後の反動減を抑制する観点から、2018年12月21日~2019年3月に請負契約を締結するものであっても、着工が2019年10月~2019年3月となるものは、特例的に対象に。

分譲住宅は、完成してすぐ住み始めるとは限らないので、注文住宅に比べ期間が長くなっています。

次に説明するポイントは、新築(分譲含む)かリフォームかで異なります

発行ポイント~住宅の新築(貸家を除く)の場合

住宅の新築(貸家を除く)の場合、Ⓐ標準ポイント、Ⓑ優良ポイント、Ⓒオプションポイントの3種類で該当するものを組み合わせ1戸あたり上限35万ポイントが発行されます。

Ⓐ標準ポイント
①エコ住宅 (断熱等級4または一次エネ等級4を満たす住宅)
②長持ち住宅 (劣化対策等級3かつ維持管理対策等級2等を満たす住宅)
③耐震住宅 (耐震等級2を満たす住宅または免震建築物)
④バリアフリー住宅 (高齢者等配慮対策等級3を満たす住宅)

Ⓑ優良ポイント Ⓐに加え、より高い性能を有する住宅(長期優良住宅など)の場合に、加算されるポイントです。
1.認定長期優良住宅
2.低酸素認定住宅
3.性能向上認定住宅
4.ZEH(ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス)
1~4いずれかに適合する場合、1戸あたり5万ポイントが加算されます。

Ⓒオプションポイント ⒶⒷ以外に、家事負担軽減に役立つ設備の設置、および耐震性のない住宅の建て替えについて付与されるポイント。

発行ポイント~住宅のリフォームの場合

住宅のリフォーム(貸家を含む)の場合、1戸あたり上限30万ポイントが発行されます。
①窓やドアの断熱改修
②外壁や屋根、天井または床の断熱改修
③エコ住宅設備の設置
④耐震改修
⑤バリアフリー改修
⑥家事育児負担軽減に役立つ設備の設置
⑦※若者や子育て世代による既存住宅の購入に伴う、一定規模のリフォーム工事など→上限引き上げあり

※若者世帯:40歳未満の世帯、子育て世帯:18歳未満の子どもを有する世帯

この他、上限特例がいろいろあります。詳細はこちらをご覧ください。>次世代ポイント制度の概要(発行ポイント)

ポイントの発行について

ポイントの発行申請の開始は、2019年6月3日~。締め切りは、予算の執行状況に応じて公表されますが、遅くとも2020年3月31日の予定。

ポイントの交換対象商品は、「環境」「安全・安心」「健康長寿・高齢者対応」「子育て支援、働き方改革」に役立つ商品です。難しく書いていますが、家電や食品、家具など、日常生活で役立つものです。

交換申込期間は、2019年10月1日~2020年6月30日。短期間なので、発行されたらなるべく早く交換しましょう。

連絡先

国土交通省 次世代住宅ポイント事務局 0570-001-339 受付時間9:00~17:00(土日祝含む)

LINEで送る

お問い合わせはこちらから 「どんな家がいいんだろう」「何から始めればいいの?」「見積もりをお願いしたい」「とにかくまずは見てみたい」に、私たちがお答えします。お気軽にご連絡ください。TEL 076-422-8489(平日:10:00~19:00)

※オスカーホームの対応エリアをお確かめください。対応エリアはこちらをクリックして確認

OSCAR J.J 住まいのトータルパートナー

建てる、買う、売る、直す。聞く、話す、知る。オスカーは全てカバーします。

  • 家を建てるなら OSCAR HOME
  • 困ったらすぐ電話しよう 住まいるオスカー
  • 不動産住宅を買うなら オスカー不動産
  • ショッピングモール GREEN STAGE
  • OSCAR J.J