「建築検査担当の現場レポート」

住まいるオスカーのリフォーム物件の完成検査レポート

本日は午後から富山の南砺地区で住まいるオスカーリフォーム物件の完成検査を行いました。

今回の工事は、約20年前にオスカーホームで新築して戴いたお宅の屋根・外壁に、重ね張りする外装工事です。

このお宅は中間検査も私が担当しました。

新築時は窯業系サイディングへ吹き付け塗装がされていましたが、築20年が経過して塗装表面の白華や剥離、コーキングの切れなど全体に劣化が見られました。特に日射が強い南・西面は外壁材の伸縮が激しいせいか劣化が顕著です。

今回、サッシ周りや外壁材継ぎ目のコーキングが切れた部分は新たにコーキングを施工し、下地材は防腐処理済みの胴縁を使用。

リフォーム後も長きにわたり安心してお住まい戴ける様、工事後見えなくなる部分も気を配っています。

完成時の検査は原則、外部足場がある状態で行います。その理由は細かい所までしっかりとした検査を実施する為です。

 

屋根を検査します

外部足場も全周ネットが施工され、安全に対する意識がここ数年で各段に向上したと改めて感じさせられます。

足場の上から順番に外周を確認しました。すると1階下屋根に汚れを発見し、この物件の現場監督に清掃の依頼を指示しました。

 

今回、採用された石葺き屋根材「コロナ」はコロニアル葺き屋根の上にそのまま重ね葺きできる、耐久性も抜群な住まいるオスカー、イチオシの商品です!!

 

 

外壁を検査します

軒天(屋根の軒裏)と外壁材の通気、窓上の水抜き穴も確保されているか確認しました。通気が取れていないと、雨水が内部に侵入したさいに出口がなくなり、腐食の原因になる為です。
※写真はピンボケしていますが通気は確保されていました

換気フード・外部コンセントの検査をします。

換気フードを固定するビスがステンレス製を使用していません。早期の錆発生を防ぐ為、現場担当者にその場で交換の指示を出しました。

その他の指摘は軽微な物で、工事全体の仕上がりは良好でした。

今回、屋根や外壁が新しくなった姿をご覧いただくと、お客様も安心していただけるのではと思います。
後は足場の解体を行うのみです。安全作業で、無事お引渡しを行えるようお願い致します。

お問い合わせはこちらから 「どんな家がいいんだろう」「何から始めればいいの?」「見積もりをお願いしたい」「とにかくまずは見てみたい」に、私たちがお答えします。お気軽にご連絡ください。TEL 076-422-8489(平日:10:00~19:00)

※オスカーホームの対応エリアをお確かめください。対応エリアはこちらをクリックして確認

OSCAR J.J 住まいのトータルパートナー

建てる、買う、売る、直す。聞く、話す、知る。オスカーは全てカバーします。

  • 家を建てるなら OSCAR HOME
  • 困ったらすぐ電話しよう 住まいるオスカー
  • 不動産住宅を買うなら オスカー不動産
  • ショッピングモール GREEN STAGE
  • OSCAR J.J