「建築検査担当の現場レポート」

気密測定時の漏気箇所チェックについて

オスカーホームの建築現場で漏気チェックしながら気密測定しました。

こんにちは、品質管理室検査担当のSです。

暑かった夏も終わり、ようやく涼しくなり過ごしやすい季節となってきました。季節の変わり目ですので風邪などひかないように注意したいと思います

さて、本日は当社オスカーホームの新築物件の気密測定時の漏気チェックについてです。

気密性能を高めるために様々な施工を行なっておりますが、その工事がしっかり施工されているかを温度差で表示できるサーモグラフィーカメラを使って確認します。

下の写真は同じ部分の「赤外線画像」と「デジタルカメラ画像」です。同時に2種類の写真を撮ることができるため、漏気している部分がわかりやすく確認できる優れモノです。

気密が不十分で漏気している箇所の温度が室温より高いいため赤く表示されます。

↓サーモグラフカメラはこんな形をしています。

赤外線画像 ※赤い部分が漏気箇所

デジタルカメラ画像ではこの部分です。

 

↓もう一か所の写真です。

漏気検査する前に行なった気密測定で既に当社基準はクリアしているのですが、漏気していた部分の気密処理も再度行ない気密測定しました。

測定結果はもちろん当社基準をクリアしておりました。

お問い合わせはこちらから 「どんな家がいいんだろう」「何から始めればいいの?」「見積もりをお願いしたい」「とにかくまずは見てみたい」に、私たちがお答えします。お気軽にご連絡ください。TEL 076-422-8489(平日:10:00~19:00)

※オスカーホームの対応エリアをお確かめください。対応エリアはこちらをクリックして確認

OSCAR J.J 住まいのトータルパートナー

建てる、買う、売る、直す。聞く、話す、知る。オスカーは全てカバーします。

  • 家を建てるなら OSCAR HOME
  • 困ったらすぐ電話しよう 住まいるオスカー
  • 不動産住宅を買うなら オスカー不動産
  • ショッピングモール GREEN STAGE
  • OSCAR J.J