注文・分譲(不動産)住宅ではどっちがお得?メリット・デメリットを比較

「マイホームを購入しよう!」そして「やっぱり、新築で」と家族の間でここまで意見がまとまると、次は注文住宅にするか?分譲住宅(不動産住宅)にするかを考えるのではないでしょうか?今回も北陸地方で主流な戸建て住宅の場合の、それぞれのメリット・デメリットについて考えてみましょう。

house_blog

注文住宅とは?

注文住宅とは、建築士や住宅メーカーに設計を依頼し、施工会社に建築してもらうオーダーメイドの住宅です。ただ、注文住宅と一口にいってもパターンは色々です。

  1. 土地は既に所有していて、そこに住宅を建てる。
  2. まず土地を買って、住宅を建てる。
  3. 建築条件付き土地を買って、住宅を建てる。
    どれを選ぶかによって、過程・金額・完成までの期間などが、異なってきます。

注文住宅のメリット

1. オリジナルな家を建てる楽しさ

注文住宅は、法律の基準内であれば、間取りやデザインに自身の希望を取り入れられ、オリジナルの家を作られるのが、最大のメリットです。壁紙やドアノブまで、好みのものが選べます。また、建築中の現場をチェックできるのもありがたいです。これらの過程を楽しめる、住宅に対して「まめ」になれる方には向いているといえます。

対して、あまり時間をかけたくない、遠方で頻繁に見学に行けない方には、負担に感じるかもしれません。そのような場合は、規格型で、設計・使用・設備がある程度限られているものを選ぶのも一つの方法です。

2. 「建築条件付き土地」の場合は設計プランがあり、建築後の想像がつきやすい作りかたも

前述3の「建築条件付き土地」とは、土地の売主または売主の指定する施工会社に住宅の建築を注文する、土地のことです。土地の購入と住宅の建築を、一緒に取引することができます。住宅の設計プランが用意されつつも、ある程度の自由は効きます。どんな住宅を建てられるか、1,2より雰囲気が想像しやすいです。

注文住宅のデメリット

1. 費用が高くなりがち

注文住宅の一番のデメリットは、間取りやデザインにこだわりが持てる分、上限を決めないと予算オーバーになる場合になることです。これは分譲住宅でもいえることですが、自身の資産やローンの組み方をしっかり検討しましょう。また、建築後の状態ができあがるまで分からないので、住んだときの雰囲気が想像しにくいです。

2. 建築に時間がかかるため、引っ越し前の費用も発生

さらに、注文をしてから建て始めるので住むまで時間がかかります。その間、アパートなどを借りる必要もあります。当然、家賃や引越し代もかかるので、その分の経費も計算しておきましょう。

最初に触れましたが、土地の有無(1,2)で完成までの過程が大きく異なります。既に土地を所有していれば、すぐに住宅を注文できます。

3. 土地探しに時間がかかる場合も。土地探しは入念に

しかし、土地を所有していない場合は、土地探し・購入が必要です。購入には仲介手数料が、場合によっては土地の造成や地盤改良費用がかかることも。購入後も、土地の形状やその地区の法規制によって自由に住宅を建てられないこともあります。失敗のないように、土地選び・土地探しは、プロにサポートしてもらうことも検討しましょう。

3の建築条件付き土地は、一定期間内(3カ月以内など)に、土地の売買を成立させなければなりません。成立しなかった場合は、契約が白紙になります。売買契約の際支払った手付金は全額返金されますが、それまでの労力を考えると手放しで喜べません。事前にしっかり計画を立てることが大切です。

なかには、「建築条件付き」の契約が不動産業者の脱法的な行為に利用されたり、土地購入者が契約内容について十分に理解していないときなど、トラブルが起きることもあります。内容については、事前にしっかり確認しましょう。

分譲住宅(不動産住宅)とは?

分譲住宅(不動産住宅)とは、土地と住宅をセットで販売する新築住宅のことです。住宅が完成してから販売する場合もあれば、設計プランは決まっていても建築中の段階で販売する場合もあります。注文住宅がオーダーメイドならば、こちらはレディーメイドです。

分譲住宅(不動産住宅)のメリット

1. 価格が明確なので、出来ること・出来ないことが判断つきやすい

分譲住宅(不動産住宅)は、購入価格が明示されるので自身の資産と相談しやすいです。住宅の間取り・設備・仕様も決まっているので、住んだ後の雰囲気が想像しやすいです。完成していれば、実物を見ることもできます。住み始めるまでの時間も、かかりません。

2. 注文住宅に比べると割安な価格

また、まとめて数棟から数百棟と建築計画を建てるので、材料を大量に仕入れることで価格を抑えられます。安いから質が不安なのではなく、大量に仕入れ建築することで、より良い質のものを提供しているのです。さらに広範な土地開発で分譲する際は、外観や緑化が統一されるので「おしゃれな街並み」が期待できることも。

分譲住宅のデメリット

1. デザイン・間取りが似ているものが多い

分譲住宅(不動産住宅)の場合、近隣の家とデザインやテイストが同じになります。マイホームにオリジナルを求めたい方には、満足できないかもしれません。ただ、最近は買主のニーズを調べ、多くの人に好まれるスタイルにしているところも多いです。また、家の中はインテリアや家具の配置で好みの仕様にできます。

2.建築工程に不安を感じる方も

また、完成している場合は建築工程を見られないので、材料や工事方法に不安を感じることも。そんな場合は、ホームインスペクションを「申し込み」から「契約前」の段階で入れると安心です。
> ホームインスペクションに関するHPはこちら「内閣府認証NPO法人日本ホームインスペクターズ協会」

一口に新築住宅といっても、パターンは色々です。メリットデメリットを考慮して、その後どんな暮らしがしたいかを話し合って、納得いく購入をしてください。

LINEで送る

お問い合わせはこちらから 「どんな家がいいんだろう」「何から始めればいいの?」「見積もりをお願いしたい」「とにかくまずは見てみたい」に、私たちがお答えします。お気軽にご連絡ください。TEL 076-422-8489(平日:10:00~19:00)

※オスカーホームの対応エリアをお確かめください。対応エリアはこちらをクリックして確認

OSCAR J.J 住まいのトータルパートナー

建てる、買う、売る、直す。聞く、話す、知る。オスカーは全てカバーします。

  • 家を建てるなら OSCAR HOME
  • 困ったらすぐ電話しよう 住まいるオスカー
  • 不動産住宅を買うなら オスカー不動産
  • ショッピングモール GREEN STAGE
  • OSCAR J.J