忙しいときには、頼んでみよう。家事代行サービス

最近テレビやネットなどで、目にする「家事代行サービス」。ただ、実際利用したことがある家庭は、まだまだ少ないようです。共働きが増えている現在、サービスのことを正しく知って、上手に利用してみませんか。

cleaningservice

家事代行サービスを国が支援

2011年の総務省の社会生活基本調査によると、1日の家事関連時間は妻5時間4分に対し、夫はわずか46分。共働き家庭だけでみても妻の家事関連時間は、夫の約4.7倍となっています。

家事や育児の負担が女性の活躍の妨げになっているとして、国は2014年から家事代行の普及促進に着手。経済産業省は2015年、「家事代行サービス事業者ガイドライン」を作成。事業者が作る全国家事代行サービス協会とともに、事業者の認証制度を進めています。
目にする機会が増えたのには、このような背景があったのですね。

利用の現状

では、利用の現状はどうでしょうか?

野村総合研究所が2014年に実施した調査では、

  • 「サービス利用経験があり」3%
  • 「サービスを知っているが利用したことない」70%
  • 「知らない」27%

でした。利用は確かに少ないですね。しかし、知っている比率は予想外の高さでした。国が支援することで、知名度は確実に上がっているようです。

利用しない理由の主なものが

  • 「他人に家の中に入られることに抵抗がある」47%
  • 「所得に対して価格が高い」45%
  • 「必要性を感じない」39% (複数回答)

とあります。「本来自分でやるべき家事を、お金を払い、他人を家に入れてまで任せるのは良くない」そのような考えが、根強いのかもしれません。

しかし、共働きに加え・育児・介護と、女性を取り巻く環境は多忙で、猫の手も借りたい状態。今でも十分頑張っているのですから、「怠けているかも」という認識を変えてみませんか?

選ぶときのポイント

選ぶ際に頭入れておきたいことを、以下に記しました。

1) 1回の利用は何時間からか。(2時間以上の場合が多いので、1時間の金額に惑わされないように)。
2) 交通費は別途請求されることが多い。
3) 家族の不在時に対応してくれるか?その際の鍵の管理は?
4)損害保険料が込みか?
5) 一時利用か定期利用かで、1時間あたりの単価が変わってくる。どういう利用がしたいか、生活スタイルを振り返る
6) トライアルプランやお試しコースがあるか?
7) 1カ月の上限は事前に決める(各家庭の収入によるが、定期プランで1カ月20000円台が無理のない範囲では?)

などなど。その他、スタッフの人柄や対応は、いうまでもありません。

ある利用者(共働きの母親)は「週末の時間が自由になった。家族も家がきれいになって喜んでいる」と話しています。「家事代行サービスは、家族や自分の幸せのための投資」と考えれば、利用に一歩踏み出せるのではないでしょうか。

LINEで送る

お問い合わせはこちらから 「どんな家がいいんだろう」「何から始めればいいの?」「見積もりをお願いしたい」「とにかくまずは見てみたい」に、私たちがお答えします。お気軽にご連絡ください。TEL 076-422-8489(平日:10:00~19:00)

※オスカーホームの対応エリアをお確かめください。対応エリアはこちらをクリックして確認

OSCAR J.J 住まいのトータルパートナー

建てる、買う、売る、直す。聞く、話す、知る。オスカーは全てカバーします。

  • 家を建てるなら OSCAR HOME
  • 困ったらすぐ電話しよう 住まいるオスカー
  • 不動産住宅を買うなら オスカー不動産
  • ショッピングモール GREEN STAGE
  • OSCAR J.J