賃貸と持家のどちらを選ぶ方がお得?

賃貸住宅と持家。自分にあった暮らし方を考える

「家賃と同等の月々の支払いで一戸建てが購入できる!」という謳い文句を時々耳にしませんか?確かに家賃を払い続けるより、家を買ってしまった方が資産として残りますが、実は賃貸住宅と持ち家のどちらが満足するかに関しては、毎月の支払額だけで判断すべきではありません。10年後、20年後、自分たちのライフプランを視野に入れて考えるべきなのです。

賃貸住宅と持家について、それぞれのメリット・デメリットから自分のライフプランにあった暮らし方を考えてみましょう!

pixta_21702287_xl

賃貸住宅のメリット・デメリット

メリット デメリット
転勤・転職時に身軽に引っ越すことができる キズや汚れなどに気をつかう
出産など家族の増減に柔軟に対応できる 自分の資産にならない
入居時には持家ほど初期費用がかからない 自由にリフォームや設備交換ができない
維持管理を業者にお任せできる ペットは自由に飼えない
最新の設備やデザイン物件など選べる 老後も家賃を払い続けなければならない
駅に近い物件も多い

賃貸の最も大きなメリットは自由さにあります。身軽に動ける、予期せぬハプニング(転勤・給料面などの雇用のリスク・介護による働き方への変化等)に柔軟に対応しやすいのは賃貸住宅です。一方、他人の所有物ですので、継続的にお金が発生する、ペット・内装など暮らし方へのこだわりに制限はかかります。

持家のメリット・デメリット

メリット デメリット
キズや汚れなどを気にしなくていい 大きな金額かつ長期間のローンを組まなければならない
比較的自由にリフォームや設備交換がしやすい 気軽に引っ越すことができない
ペットを飼える メンテナンスを自分で行う必要がある
資産になる 住宅ローンを利用した場合は金利変動のリスクがある
老後も住み続けられる

持ち家の最大のメリットは、手元に残る資産ということでしょう。新築の場合は自分の好みの家に仕上げることもできますし、自由に手を入れることも可能です。資産として次世代に残すこともできます。

自分はどっち?賃貸と持家

これらのメリット・デメリットから、優先順位をつけていけば「賃貸か持家か」自分にあった暮らし方が見えてきます。ただし、持家の場合は資産として保有できるので様々な活用方法はあります。

考えなくてはいけないのは、元気に住み続けている期間の満足度とその後手元に残る資産とのバランスです。自分や家族の価値観を考えて満足度が賃貸よりも持家の方が高い人は、当然ながら持家を選択するべきでしょう。

一方で、賃貸の方が満足度は高いが、将来手元に残る資産にもこだわりたいという人は、どちらを重視するのか家族と一緒に熟考するべきではないでしょうか。

今の自分の暮らし方だけではなく、将来の暮らし方や家族の価値観も視野に入れ、より満足できるものを見つけ出しましょう!

LINEで送る

お問い合わせはこちらから 「どんな家がいいんだろう」「何から始めればいいの?」「見積もりをお願いしたい」「とにかくまずは見てみたい」に、私たちがお答えします。お気軽にご連絡ください。TEL 076-422-8489(平日:10:00~19:00)

※オスカーホームの対応エリアをお確かめください。対応エリアはこちらをクリックして確認

OSCAR J.J 住まいのトータルパートナー

建てる、買う、売る、直す。聞く、話す、知る。オスカーは全てカバーします。

  • 家を建てるなら OSCAR HOME
  • 困ったらすぐ電話しよう 住まいるオスカー
  • 不動産住宅を買うなら オスカー不動産
  • ショッピングモール GREEN STAGE
  • OSCAR J.J