結婚式を挙げるなら6月!「ジューンブライド」と言われるようになった由来は?

マイホーム建築と結婚を同時期にするという方が増えてきた昨今、結婚式といえば「ジューンブライド」。皆さんはジューンブライドの由来をご存知ですか?

そもそもジューンブライドはヨーロッパからの流れ

  1. ローマ神話で結婚や女性の権利を守護するJUNO(ユーノー)と6月のJUNEを掛け合わせたもので、6月に結婚する花嫁は必ず幸せになれるという言い伝え。
  2. ヨーロッパでは6月は一番雨が少なく結婚式を挙げるのに適した月という事から式を挙げるカップルが多く、ヨーロッパ全土で祝福ムードとなり沢山の人にお祝いされる花嫁は必ず幸せになれるという言い伝え。
  3. ヨーロッパでは一番農作業が忙しい時期の3月,4月,5月は結婚が禁止されていて、結婚が解禁される6月に式を挙げるカップルが増え、多くの人にお祝いされる花嫁は幸せになれるという言い伝え。

日本では6月は梅雨時期なので天候が悪く結婚式を挙げるカップルが少なくなるため、ホテル業界やブライダル業界が結婚式場の売上が落ちるのをなんとか改善したいと考え、「6月に結婚式を挙げると幸せになれるんです!」とヨーロッパの言い伝えを引用し広めていった結果、ジューンブライドが浸透していった売上戦略だとも言われています。

皆様の豆知識としてお役立て頂ければ幸いです。

LINEで送る

お問い合わせはこちらから 「どんな家がいいんだろう」「何から始めればいいの?」「見積もりをお願いしたい」「とにかくまずは見てみたい」に、私たちがお答えします。お気軽にご連絡ください。TEL 076-422-8489(平日:10:00~19:00)

※オスカーホームの対応エリアをお確かめください。対応エリアはこちらをクリックして確認

OSCAR J.J 住まいのトータルパートナー

建てる、買う、売る、直す。聞く、話す、知る。オスカーは全てカバーします。

  • 家を建てるなら OSCAR HOME
  • 困ったらすぐ電話しよう 住まいるオスカー
  • 不動産住宅を買うなら オスカー不動産
  • ショッピングモール GREEN STAGE
  • OSCAR J.J