日常生活の中で、高齢者を事故から守ろう

東京消防庁がHPで発表したデータによると、平成28(2016)年中、消防庁管内※1で日常生活での事故(交通事故を除く)で約13万2000人が救急搬送されており、半数以上が65歳以上の高齢者でした。

日常生活の中で、高齢者を事故から守るにはどうしたら良いでしょうか。
※1 東京都のうち、稲城市・島しょ地区を除く地域

圧倒的に多い「ころぶ」事故

どのような事故で救急搬送されているかというと、以下のようなデータがあります。

ころぶ 81.1%
落ちる 10.8%
ものがつまる等 2.8%
ぶつかる 2.1%
おぼれる 1.0%
切る・刺さる 0.9%
はさまれる 0.5%
かまれる・さされる 0.4%
やけど 0.4%

「ころぶ」は8割と圧倒的に多いことがわかります。

「ころぶ」事故を防ぐには

以下に「ころぶ」事故の予防策を記します。

  • 段差をなくす。
  • 段差(段の先端部)を分かりやすくする
  • 足元を十分に明るくする(足元灯・照明器具の設置など)
  • 滑り止めをつける(会談・廊下・玄関先など)
  • 歩行を補助する(手すりなど)
  • 継続できる、体力にあった運動をする(散歩など)
  • ころぶ原因となるものは取り除く(整理・整頓)

高齢になるほど、「ころぶ」事故でケガをすることが多く、約4割が入院の必要がある中等症以上と診断されています。生命の危険はないのですが、これを機に寝たきりになる可能性もないとはいえません。

事故の発生場所は、「住居等居住場所」が最も多く、5割以上を占めます。発生場所は、「居室・寝室」が最も多く、次に「玄関・勝手口」「廊下・縁側」となっています。

自宅内を安全に保つことが、事故を減らす第一歩といえます。

「ものがつまる等」の事故を防ぐには

「ころぶ」に続くのが、「落ちる」「ものがつまる等」「ぶつかる」ですが、「落ちる」「ぶつかる」は「ころぶ」事故予防策と似通っているので割愛し、「ものがつまる等」の予防策を記します。

  • 小さく切ってよく噛む。
  • お茶など水分を取りながら食事をする。

「おぼれる」事故を防ぐには

最後に、「おぼれる」事故の予防策を記します。

  • 入浴中は思いのほか身体に負担をかけることを知る。
  • 長湯・高温浴は避ける。
  • 飲酒後の入浴は止める。
  • 入浴時は家族に知らせ、家族はこまめに声をかける。

加齢に伴い、様々な身体機能が変化します(心肺機能の低下、筋力の低下、視覚・聴覚の低下、嚥下※2機能の低下など)。身体機能の変化について知ることが大切です。※2(えんげ)食物を飲み下すこと。

日常生活の思わぬケガが生活に影響を与えることもあり、本人だけでなく家族や地域で事故防止対策を実施しましょう。

参考資料

東京消防庁 救命搬送データから見る高齢者の事故~日常生活の中での高齢者の事故を防ぐために~

LINEで送る

お問い合わせはこちらから 「どんな家がいいんだろう」「何から始めればいいの?」「見積もりをお願いしたい」「とにかくまずは見てみたい」に、私たちがお答えします。お気軽にご連絡ください。TEL 076-422-8489(平日:10:00~19:00)

※オスカーホームの対応エリアをお確かめください。対応エリアはこちらをクリックして確認

OSCAR J.J 住まいのトータルパートナー

建てる、買う、売る、直す。聞く、話す、知る。オスカーは全てカバーします。

  • 家を建てるなら OSCAR HOME
  • 困ったらすぐ電話しよう 住まいるオスカー
  • 不動産住宅を買うなら オスカー不動産
  • ショッピングモール GREEN STAGE
  • OSCAR J.J