体に良いこと尽くし「飲む点滴」甘酒の効能と効果

昨今の美容ブームで注目されている『甘酒』今回は効能と効果について調べてみました。

そもそも甘酒は2種類存在する

甘酒には、米と麹でつくる麹甘酒と、酒粕と砂糖から作る酒粕甘酒の2種類があります。

  1. 米麴甘酒
    麹の発酵作用を利用して米から作った甘酒。米のデンプンを麹菌によって糖分に変えているので、ノンシュガーです。多くの甘酒が次に紹介する酒粕からできた甘酒であることが多いですが、“米”と“麹”だけで作った甘酒は酒臭さがなく飲みやすいです。
  2. 酒粕甘酒
    酒粕を水で溶き、砂糖で甘みを加えたもの。こちらは酒粕にアルコール分が含まれているので、アルコールが苦手な方や妊娠中の方は要注意。また、砂糖が入っているためカロリーも高くなりがちです。

最近話題の健康や美容に良いと言われている甘酒は、①の米麴甘酒です。

健康・美容・ダイエットに!

「飲む点滴」とも呼ばれる甘酒の効能についてご紹介します。

1.腸内環境を整え、便秘の予防・解消に

甘酒には食物繊維やオリゴ糖も豊富に含まれています。腸内環境を整えてくれる働きがあり、便秘の予防・解消に。

2.消化吸収をサポート

甘酒に含まれるブドウ糖は、麹菌によって効率よく体内にエネルギー源を吸収できるようになっています。またアミノ酸、ビタミンB群、ミネラルなどが豊富に含まれており、この成分は点滴と同じ。胃腸にも優しいです。

3.血行と代謝を促進し美肌効果

ビタミンB群が豊富に含まれており、血行と代謝をアップさせ、身体が求める栄養素を隅々に届け、老廃物を流してくれます。麹菌は、肌荒れ、しみやくすみ、目のくまにも効果的です。


4.ダイエットの強い味方に!

ブドウ糖には消化補助の他にも血糖値を上昇させる効果があり、少量でも空腹感を抑えてくれます。イライラを抑えるGABAといったアミノ酸由来の物質も含んでいるので、食べ過ぎを防ぎます。

5.老化対策にも

抗酸化作用があるので、老化の元凶となる活性酸素の発生を抑制してくれる働きがあります。動脈硬化や高血圧などの生活習慣病の予防や、女性ならではの悩みである生理痛や生理前のイライラ、肌荒れといった月経前症候群の解消にも。

体に良いこと尽くしの『甘酒』さらに効果を効かせるために1日2杯、朝と晩に毎日飲むのがお薦め。ただし、甘酒自身は低カロリーというものではないので、飲み過ぎには注意しましょう!

LINEで送る

お問い合わせはこちらから 「どんな家がいいんだろう」「何から始めればいいの?」「見積もりをお願いしたい」「とにかくまずは見てみたい」に、私たちがお答えします。お気軽にご連絡ください。TEL 076-422-8489(平日:10:00~19:00)

※オスカーホームの対応エリアをお確かめください。対応エリアはこちらをクリックして確認

OSCAR J.J 住まいのトータルパートナー

建てる、買う、売る、直す。聞く、話す、知る。オスカーは全てカバーします。

  • 家を建てるなら OSCAR HOME
  • 困ったらすぐ電話しよう 住まいるオスカー
  • 不動産住宅を買うなら オスカー不動産
  • ショッピングモール GREEN STAGE
  • OSCAR J.J