雨水活用で、節水、浸水・災害対策

最近は雨水をタンクに溜めて、有効活用する家庭が少しずつ増えているそうです。今回はその活用方法や注意点などを紹介します。

雨水活用とは

雨水は、雨樋を使い雨水をタンクに溜めて活用します。その際フィルターを設置し、落ち葉や泥を除去します。すると蒸留水に近い状態になります。溜まった雨水は、ポンプで汲み上げ、トイレの洗浄水や庭の散水などに使います。その他、おススメの使用法を以下に記します。

いろいろな雨水の使い方

 洗車 水道水は蒸発した後、ミネラル成分が残りウロコ状になりますが、蒸留水に近い雨水はそれが少ないため、跡が残りにくく、キレイに流せる。
洗濯 同じくミネラル成分が少ないため、水道水を使うときよりも、洗剤の量が少なくても泡立ちやすい。
浸水対策 集中豪雨などで下水道から雨水が溢れるのを抑制する。
災害対策 災害時、上下水道が使えなくなった際の非常用水に。また、火災発生時の初期消火に
ボウフラ対策 家庭菜園やガーデニングで、夏に悩まされるのが蚊。水があればどこへでも産卵し、ボウフラ→成虫へ。タンクを使用することで水たまりが少なくなり、ボウフラの発生が軽減。

雨水タンクの種類

1.大規模な埋没型タンク

埋没型は、2t程度のタンク(縦1m×横2m×深さ1m程度)を地中に埋め込むタイプ。費用としては約30万円ですが、別途施工費がかかります。

2.小規模の置型タンク

100~150ℓ程度のタンクは、手軽に設置でき、費用も1~数万円程度です。最近は信楽焼やウイスキー樽を使ったおしゃれなものもあります。

3.手作り派も

ポリバケツやドラム缶などに、穴を開けてホースを差し込みバケツと雨樋をつなげて、手作りする方もいます。DIYが得意な方なら、挑戦してみては?

設置の注意事項

雨樋にはフィルターをつけますが、年数回は掃除をしてメンテナンスを。また、タンクは日陰に置きましょう。直射日光が当たる日向だと、内部に溜まった水から藻が発生しやすくなります。

助成金を出している自治体もあるので、興味があれば一度お住まいの役所・役場に問い合わせてください(福井市は対応)雨水も溜めれば、立派な資源になります。活用が軌道に乗れば、憂鬱な雨の日も楽しみになるかもしれませんね。

北陸地方の雨水タンク助成金

  1. 富山県高岡市高岡市雨水貯留槽設置費補助制度(2015年10月29日)
  2. 福井市浸水防除施設設置費補助金「雨水タンク・止水板の設置費を補助します」(2018年4月3日)

※上記は2018年6月29日時点での情報です。助成金については更新されていきますので、気になる方は地域の最新情報をご確認ください。

参考

ボウフラ対策にも!雨水タンクおすすめ8選 助成金やDIYの情報も

LINEで送る

お問い合わせはこちらから 「どんな家がいいんだろう」「何から始めればいいの?」「見積もりをお願いしたい」「とにかくまずは見てみたい」に、私たちがお答えします。お気軽にご連絡ください。TEL 076-422-8489(平日:10:00~19:00)

※オスカーホームの対応エリアをお確かめください。対応エリアはこちらをクリックして確認

OSCAR J.J 住まいのトータルパートナー

建てる、買う、売る、直す。聞く、話す、知る。オスカーは全てカバーします。

  • 家を建てるなら OSCAR HOME
  • 困ったらすぐ電話しよう 住まいるオスカー
  • 不動産住宅を買うなら オスカー不動産
  • ショッピングモール GREEN STAGE
  • OSCAR J.J