免震装置のデータ改ざんが相次いで発覚。

こんにちは、高岡砺波営業所の千葉です。10月中旬に油圧機器メーカーKYBと、建材メーカー川金ホールディングス(HD)の免震装置のデータ改ざんが相次いで発覚しました。今回はその免震装置のお話しと、住宅は免震以外にどんな仕組みで強い構造になっているのかご説明します。

※写真はイメージです。

KYBの免震装置データ改ざんについて

国土交通省は16日、KYBとカヤバシステムマシナリーの製造した免震・制振オイルダンパーが大臣認定の内容に適合しないことが発覚したと発表しました。不適合製品は共同住宅、事務所、病院、庁舎など、986カ所に設置されています。

KYBとカヤバシステムマシナリーは大臣認定仕様の異なる材質のピストンやパッキン、塗料を使用していました。

不適合品は2000年3月~2018年9月までに出荷した物が986件。不適合の内容は、「オイルダンパーの減衰力性能の基準値からの乖離値が大臣認定で許容されている値よりも大きいものについて、検査データを大臣認定で許容されている値に書き換えて出荷していた」というものです。

ここでおさらいとなりますが、免震装置をご存知でしょうか?

免震装置とは

免震装置とは、地震による振動を吸収し、建物に振動を伝えなくする装置です。一般の住宅ではコストが高いのであまり採用されていませんが、公共の建築物や高層ビルでは幅広く採用されています。

改ざんが見つかったのは、地震などの際に油圧を利用して振動を抑えるオイルダンパーと呼ばれる装置の一部です。性能検査で、国の評価基準または顧客企業の基準値から外れたデータを改ざんし、検査記録として提出されていました。本来であれば製品を分解して社員が調整をしなければなりませんが、担当者が時間を省くためにデータを書き換えていたのです。つまり、建物の耐震性をサポートする同社の免震・制振装置の品質に不安が残る状況となっています。

免震と同時に大事な地震対策

「今さら聞けない?!耐震、制震、免震の意味と違い)」の記事でも紹介した通り、地震に対して強い建物にするためにはポイントがあります。簡単に復習をしますと、次の3つが大事です。

耐震・制震・免震とは

  1. 耐震……建物全体の強度を高め地震の揺れに対抗する。
  2. 制震……建物の揺れを抑え込む
  3. 免震……建物に地震の揺れを伝えない。

大きな被害があった東日本大震災後

最近では北海道地震もあり、どの地域が次に被害に遭うのか正直検討もつきません。注文住宅の案内サイトのハウジングナビが住宅づくりに変化があったかどうか、という内容のランキングを取ったところ、約7割強の方が「耐震性を重視した家づくりを進めたい」と答えています。

大きな地震が来てから考えるのではなく、将来に備える家づくりがすでに始まっています。そんな中で、データ改ざん問題が浮上。マンションのデータ改ざんはこれまでにも数件報告されています。

富山の建築物

KYBの免震や制震装置を使っている建築物が富山にあるのか調べたところ、「富山中央警察署」など5件ある事がわかりました。何故このような事が発生してしまったのでしょうか?性能検査はしていたのか?

無責任にも程があります。人生での一番高い買い物と言っても過言ではない住宅。もし、自分の家がこのような問題に直面したらどうでしょうか?

誰もがきちんとした性能の住宅を検討したいと言われると思います。新築住宅でも本来ならば建築された方が性能の確認をし、現場へも毎日確認に行ければいいのですが、時間と労力をかなり消費してしまいますよね。そこで、気にかけて頂きたい言葉があります。それが「長期優良住宅」です。

長期優良住宅の基準

長期優良住宅とは

平成21年(2009年)6月に開始された建築物の申請方法です。長期優良住宅は、国が定める良質な住宅性能を有し、長期にわたり良好な状態を保つ事ができ、新築後の維持管理、メンテナンスのしやすさも配慮された住宅となっています。

ここのポイントとして、新築された時点だけでなく、将来のメンテナンスのしやすさまで評価する点が特徴です。

更に、具体的には構造躯体の劣化対策、耐震性、省エネ性、維持管理・更新の容易性、可変性、バリアフリー性で一定の性能を求められており、また居住環境や住戸面積も認定の条件となっております。

出典:オスカーホームブログ「長期優良住宅ってお金がかかるの!?メリット・デメリットは?」

オスカーホームは標準仕様が長期優良住宅です。「長期優良住宅」については、モデルハウスを見学される時にも是非お尋ね下さい。

長期優良住宅の関連記事

LINEで送る

お問い合わせはこちらから 「どんな家がいいんだろう」「何から始めればいいの?」「見積もりをお願いしたい」「とにかくまずは見てみたい」に、私たちがお答えします。お気軽にご連絡ください。TEL 076-422-8489(平日:10:00~19:00)

※オスカーホームの対応エリアをお確かめください。対応エリアはこちらをクリックして確認

OSCAR J.J 住まいのトータルパートナー

建てる、買う、売る、直す。聞く、話す、知る。オスカーは全てカバーします。

  • 家を建てるなら OSCAR HOME
  • 困ったらすぐ電話しよう 住まいるオスカー
  • 不動産住宅を買うなら オスカー不動産
  • ショッピングモール GREEN STAGE
  • OSCAR J.J