【コールセンターより】給湯器・エコ暖が凍結した時の対処法

こんにちは、オスカーコールセンターです。
コールセンターでは、シーズンごとにお客様のお問合せが増えてくる「住まいのメンテナンス」について記事を載せて参ります。
今回は、給湯器・エコ暖が凍結した時の対処法を紹介いたします。

冬場、積雪によって給湯器や室外機が埋もれている場合、凍結の原因になりますので、こまめに除雪をしてください。
また、気温の低下により、給湯器本体の給水部やエコキュートのヒートポンプ(室外機)が凍結し、カランからお湯が出ない場合は、下記の対処をお願い致します。

1、本体給水管とヒートポンプ(室外機)の凍結の簡単な見分け方

①本体給水管の凍結
カランをお湯側にしてお湯が出ないまたは細い場合

②ヒートポンプ(室外機)の凍結
お湯がぬるいか、水が出る場合

※リモコンにエラー番号が表示される場合は、メーカーの取扱説明書をご確認ください。

2機器別の対処法

①エコキュート(電気温水器)本体給水管凍結の場合

貯湯ユニット下部のカバーを外し給水バルブにタオルを巻き、40度くらいのぬるま湯をかけて下さい。

②エコキュート、エコ暖のヒートポンプ(室外機)凍結の場合

ヒートポンプは低温で運転し続けると霜取りが出来ず、放熱板(フィン)が凍結する場合があります。フィン部分に40度くらいのぬるま湯をかけて下さい。
また、ファンも気温の低下、積雪などで凍結する場合があります、同様にぬるま湯をかけて下さい。
それでもファンが回らない場合は、正面から菜箸等で軽くファンを回して下さい。

注意:危険ですので直接手は絶対に入れないでください

③石油給湯器給水管凍結の場合

給湯器横の給水バルブにタオルを巻き、40度くらいのぬるま湯をかけて下さい。

④ガス給湯器給水管凍結の場合

給湯器下の給水バルブにタオルを巻き、40度くらいのぬるま湯をかけて下さい。

※熱湯をかけると部材が破損する危険性がありますので必ず40度くらいのぬるま湯で解凍して下さい。

いずれも、気温が上がってくると自然に解消する場合が多いのですが、機器の場所の日当たりが悪いとなかなか融けない場合もあります。そのような際に上記のような対応をされることをお勧めします。

凍結により、パイプやバルブが破損している場合にはオスカーコールセンターまでお電話ください。

フリーダイヤル 0120-00-8912(365日24時間受付け)

LINEで送る

お問い合わせはこちらから 「どんな家がいいんだろう」「何から始めればいいの?」「見積もりをお願いしたい」「とにかくまずは見てみたい」に、私たちがお答えします。お気軽にご連絡ください。TEL 076-422-8489(平日:10:00~19:00)

※オスカーホームの対応エリアをお確かめください。対応エリアはこちらをクリックして確認

OSCAR J.J 住まいのトータルパートナー

建てる、買う、売る、直す。聞く、話す、知る。オスカーは全てカバーします。

  • 家を建てるなら OSCAR HOME
  • 困ったらすぐ電話しよう 住まいるオスカー
  • 不動産住宅を買うなら オスカー不動産
  • ショッピングモール GREEN STAGE
  • OSCAR J.J