日焼け止めが服についた!対処法は?

紫外線が気になる季節は、日焼け止めが欠かせません。しかし、肌を守る心強い存在でありながら、服についてしまうと大変なことに。今回は日焼け止めが服についたときの対処法をお伝えします。

日焼け止めがついた服の洗濯方法

漂白剤はおススメできません

通常の洗濯では、日焼け止めは衣類に残ってしまいます。ならば、と漂白剤を使うのは、おススメできません。日焼け止めが変色して、より落ちにくい汚れになるのです。

洗剤をピンポイントで使おう

使うべきは、やはり洗剤。汚れの部分にピンポイントで洗剤を塗ります。その際、「液体洗剤に消毒用エタノールを加える」方法がおススメです。

エタノールを入れることで洗剤の溶解力が増すので、日焼け止めのように、油分が多く含まれているような汚れには効果を発揮します。
「洗剤2に対しエタノール1の割合」で混ぜて作ります。これをスプレーボトルに入れて作り置きすると、その他の汚れにも使えます。洗剤は、蛍光剤・漂白剤が入っていないものを。これらが含まれていると、色落ち・部分的に白くなりすぎる場合があります。

洗剤は、しっかりなじませる

洗剤をつけたら、汚れが残らないように、しっかりなじませます。日焼け止めは特に残りやすいので、40度前後のお湯ですすいで落としてから洗濯機に入れます。…面倒ですよね。でも、後から洗い直すことを思えば、ここでひと手間かけた方が楽なのです。

帽子の汚れは拭き取って

帽子のような洗いにくいものは、エタノール濃度が高い汚れ落とし液でふき取ります。

「エタノール100mlにおしゃれ着用の中性洗剤を1,2滴」入れたものを、タオルなどに含ませて拭き取ります。エタノールは揮発するので、しっかり乾かして干せばすすぎは不要。ちなみに、ファンデーションの汚れにも使えます。

エタノールの注意点

汚れを落とす救世主のエタノールですが注意点も。樹脂を溶かすので、色落ちやゴムなどの劣化は怒らないかを、事前にテストしてから使用しましょう。

服に日焼け止めをつけない方法も知っておこう

そもそも服に日焼け止めがつかなければ、汚れを落とす手間もないわけです。以下に、その方法を記します。

1.日焼け止めを塗ったら時間を置いて服を着る。

まず、日焼け止めを塗るのは、服を着る前です。塗った直後は、まだ肌の上に浮いている状態なので、馴染むまではしばらく服を着ないように。この少しの「間」で、服への移りを抑えることができます。

2.ジェルタイプの日焼け止めを使う。

肌に馴染みやすいジェルタイプは、服に移りにくくなっています。

3.日焼け止めの量を減らす。

紫外線が気になるあまり、必要以上に塗っていることも。パッケージに記載された使用量や、自身の肌の状態を見直すことも必要です。

諸刃の刃にもなる日焼け止め。衣類も肌もダメージを与えない使い方を、知っておきたいものです。

LINEで送る

お問い合わせはこちらから 「どんな家がいいんだろう」「何から始めればいいの?」「見積もりをお願いしたい」「とにかくまずは見てみたい」に、私たちがお答えします。お気軽にご連絡ください。TEL 076-422-8489(平日:10:00~19:00)

※オスカーホームの対応エリアをお確かめください。対応エリアはこちらをクリックして確認

OSCAR J.J 住まいのトータルパートナー

建てる、買う、売る、直す。聞く、話す、知る。オスカーは全てカバーします。

  • 家を建てるなら OSCAR HOME
  • 困ったらすぐ電話しよう 住まいるオスカー
  • 不動産住宅を買うなら オスカー不動産
  • ショッピングモール GREEN STAGE
  • OSCAR J.J