オスカーホーム

住宅の窓の性能がとても大事なわけ教えます

こんにちは、オスカーホーム小松営業所です。お家を建てる上でとても重要な部材の一つが窓です。役割は室内に光を入れるだけでなく性能によって生活の快適さが変わってきます。今回は窓の性能によってなにが変わるのかご紹介します。

窓の性能に左右されるものとは

光熱費

窓から出入りする熱はお家全体の約50~70%を占めると言われています。つまり断熱性能のよい窓にすることで室内の熱が逃げず、エアコンなども良く効いて「夏涼しくて、冬暖かい」光熱費のかかりにくいお家にすることができます。

断熱性能はメーカーが発表している熱貫流率をみることによって判断できるので快適でお金のあまりかからないお家にしたい方はそこに注目してみて下さい。

結露

室内で結露が一番発生しやすい場所は窓枠です。もし放置しておくとカビなどの原因になります。

枠がアルミなどの金属製の場合、金属枠が外気の温度を室内側にも伝えるので、結露が発生しやすくなりますが樹脂製などの非金属製だとほとんど結露が発生しにくくなります。結露に悩まれている方は窓枠の種類にも気を付けてみて下さい。オスカーホームでは全窓で樹脂製サッシを採用しています。

日焼け

日光に含まれる紫外線が原因でフローリングや家具などが日焼けしてしまいます。

普通のペアガラスでは紫外線を40%ほどしかカットできないのですが、金属コーティングを施したLow-E複層ガラスにすることによって70%ほどカットできます。オスカーホームではLow-E複層ガラス仕様が標準です。このほかにも紫外線をほぼ100%カットできる商品もあります。

いかがでしたでしょうか。窓の形状やカラー、金額などももちろん大切なことですが、家計や暮らし方に直接関わる窓の性能についても大事だということが分かって戴けたでしょうか?
住宅を見学される際には、窓の性能についても確認されることをお勧めいたします。。

LINEで送る