後悔しない!和室の役割と使いかた色々

こんにちは。オスカーホーム新川営業所の小川です。皆さんは、お家に和室を取り入れていますか?これから新築の方は和室のある住宅をご検討されていますか?

最近ではその在り方や使い方も変わってきつつある「和室」。和室の有り無しで生活スタイルも変わってきます。従来はお寺さんが来られた時のための来客用の役割としての側面が大きかった和室ですが、今はいかがでしょうか?今回は、和室があることによるメリットをご紹介して参ります。

和室があることによるメリット

1.寝室代わりになる

お子さんが小さい内は、「階段の上り下りが心配」との声にもある通り、一階で寝泊まりされる方も多いのが現状です。4.5帖という広さでも十分ご家族が川の字で寝られるスペースは確保できます。

お子さんが小さい内は寝室代わりとして、成長されると2階の主寝室を使うというのもひとつの方法です。

2.来客用の部屋として利用できる

こちらは和風の和室です。

家庭訪問の際の客間や、親御さんが泊まりに来られた時の寝室としてなど、少しでもこんなスペースがあれば、あって困ることはないはず。急な来客時にリビングが散らかっていたとしても、片付いた客間があるという安心感は大きいですね。

3.子供の遊び場として使える

こちらは、小上がりのゴロンスペース。

お子さんが小さいうちはフローリングでなくこういったスペースがあれば安心ですね。キッチンの目が届く場所にこういったスペースを設けることで、家事をしながらお子さんの様子を見ることもできます。

干した洗濯ものを畳む場所として使うという声も。また、畳はフローリングに比べクッション性に優れている為、小さいお子さんが走り回るときもバタバタと足音が響いてしまうのを防いでくれます。

4.リビングが広く見える

こちらはリビングに隣接した和室です。

建具を閉めておけば、完全に独立した客室として、解放すればリビングの延長として使うこともでき、LDKもより広く感じられるはず。

5.季節に順応する

フローリングと大きく違う点は、あたたかみが感じられるので、寒い冬でもヒヤッとする冷たさを感じずに過ごすことができます。肌ざわりもよくさらっとしている為、暑い夏でもベタつかずに涼しい雰囲気を醸し出してくれるでしょう。

敷地に制限がある為、どうしても1階に和室をもってこられないという場合は、2階和室にするという方法も。

こちらは、吹き抜けに隣接した2階和室。モダンな雰囲気で家のコーディネートにも溶け込み、素敵ですね。

今回は和室特集でした。住んだあとに「こうすればよかった」を少しでも減らせるように、和室の有無は十分ご検討いただければと思います。

LINEで送る

お問い合わせはこちらから 「どんな家がいいんだろう」「何から始めればいいの?」「見積もりをお願いしたい」「とにかくまずは見てみたい」に、私たちがお答えします。お気軽にご連絡ください。TEL 076-422-8489(平日:10:00~19:00)

※オスカーホームの対応エリアをお確かめください。対応エリアはこちらをクリックして確認

OSCAR J.J 住まいのトータルパートナー

建てる、買う、売る、直す。聞く、話す、知る。オスカーは全てカバーします。

  • 家を建てるなら OSCAR HOME
  • 困ったらすぐ電話しよう 住まいるオスカー
  • 不動産住宅を買うなら オスカー不動産
  • ショッピングモール GREEN STAGE
  • OSCAR J.J