正しい食事制限とは?栄養の優先順位とタンパク質について

こんにちは、オスカーホーム高岡砺波営業所の千葉です。今回は正しい食事制限について説明をさせて頂きます。

私は生まれてから一度も細い時代がありません。両親からは骨太の為、痩せたとしてもがっちり体型にしかならないと言われました。そんな事はさておき、私の兄は高校時代「炭水化物ダイエット」と言う物をしていた時期があります。簡単に説明をすると、炭水化物(ご飯など)を取らないダイエット方法です。

炭水化物ダイエット

炭水化物には、太る原因の糖質が多く入っている事が多いため、そもそもの太る原因を摂取しないと言う考え方になります。しかし、このダイエットで最初に減ってくるものは筋肉です。副作用としても、脳が働かない・肌や髪の栄養不足・生命の危機ケトーシス状態、口臭や体臭が臭くなるなど、健康維持の妨げになってしまいます。

炭水化物を抜くのではなく、量を減らすだけでも効果はありますが、健康的に痩せたい!と考えている私にとってはちょっと違う話になっているため、違う方法を考えました。

正しい食事制限の順番

ダイエットのための栄養の優先順位があるそうで、

  1. カロリー収支をマイナスにする
  2. 高たんぱく・低脂質・低糖質にする
  3. ビタミン・ミネラル・食物繊維を摂る
  4. 食事の回数と時間帯・食べる順番
  5. サプリメント
    と言った順番になります。

1のカロリー収支をマイナスにするというのは単純に食べる量が多いのであれば、動く量もその分増やすような仕組みですね。

2の「高たんぱく・低脂質・低糖質」が重要なポイントで、たんぱく質だけは多く摂取します。たんぱく質にもカロリーはありますが、たんぱく質を摂取しないと筋肉が落ちたり、肌がボロボロになったり髪が荒れるといったことが起こります。

ダイエット時のたんぱく質の摂取量

ではダイエット時にたんぱく質はどの位摂取した方がいいのでしょうか?

理想は1日あたり:体重×2g、となっているそうです。

この方式に従えば、体重が50キロの方は、100gのたんぱく質をとる必要があります。

早速、コンビニに行きささみを手に取りましたが、ここで一つ問題が発生しました。ささみ一つあたり、約10グラム程度しかない…。体重50キロの人でも、10本程度食べなければいけない上に、お財布にもダメージが…。

 

そこで、色々と調べていくと、肉カロリーと言う面白そうなものを発見しました。「【保存版】これが「太らない肉」だ! お肉の部位別カロリーまとめ」(Cookpadニュース)によると、ダイエットに適している肉は、

の順番となります。美味しい物はカロリーも高いですね。肉以外にも、マグロやカツオにもたんぱく質は多いです。

たんぱく質を摂る事は勿論、やはり、バランスの良い食事を摂る事を考えた方が良いそうです。自分の口に入る物を計算する事もなんだか楽しそうだと感じました。

LINEで送る

お問い合わせはこちらから 「どんな家がいいんだろう」「何から始めればいいの?」「見積もりをお願いしたい」「とにかくまずは見てみたい」に、私たちがお答えします。お気軽にご連絡ください。TEL 076-422-8489(平日:10:00~19:00)

※オスカーホームの対応エリアをお確かめください。対応エリアはこちらをクリックして確認

OSCAR J.J 住まいのトータルパートナー

建てる、買う、売る、直す。聞く、話す、知る。オスカーは全てカバーします。

  • 家を建てるなら OSCAR HOME
  • 困ったらすぐ電話しよう 住まいるオスカー
  • 不動産住宅を買うなら オスカー不動産
  • ショッピングモール GREEN STAGE
  • OSCAR J.J