秘密の屋根裏グルニエとは?ロフトとの違いは?

住宅関連に記事などで、最近目にする「グルニエ」。フランス語で、屋根裏部屋を意味するのですが、この需要が高まってきています。

グルニエとロフトの違い

屋根裏で思い浮かべるものに、ロフトがあります。グルニエとロフトは、どこが違うのでしょう。

ロフトは、部屋の一部分を2階建てのように区切ったスペースを指します。グルニエは、天井と屋根の間に作られたスペースを指します。ロフトは下から見えますが、グルニエは見えません。

どちらも、はしごで登ります。固定式のものが取り付けられているのが、ロフト。取り外し可能なものや、折り畳み式のものが使用されているのが、グルニエです。グルニエは、ロフトよりも部屋らしい独立したスペースですね。

新築の際抑えておきたい、グルニエの基礎知識

本来はデッドスペースになる場所を、活用できるのはありがたいことです。ということで、新築の際グルニエを設置する機会も増えていますが、抑えておきたい基礎知識がいくつかあります。

1. 高さ制限

グルニエの高さは140㎝まで、と制限があります。ですので、大人が立って歩くことはまずできません。

2. 面積制限

床面積は、設置する階の2分の1までと決められています。これを守らないと、「階」として判断され、2階建てのつもりが3階建てになってしまいます。

3. 階段でなくはしごを利用

建築基準法において、グルニエのはしごは「固定式でないもの」と義務付けられています。階段を設置することはできません。ですので、重い荷物を運ぶには注意が必要です。

4. 熱と湿気に注意

グルニエは高い位置にあるので、当然熱や湿気がこもります。断熱材や換気扇などを設置しましょう。換気窓をつける場合は、小さいサイズを。大きいと日差しが強くなり、かえって暑くなります。

グルニエの活用方法

高さは140㎝までですが、それを利用してキッズスペースに。傾斜があるなど、変わった形をしているので、秘密基地のように楽しめるかも。子どもが成長したら、物置として再利用できます。

大人が利用するときは、座ることが原則ですが、趣味のスペースとして活用も。読書やテレビを見たり、ヨガをしたりするのも良さそう(座位ポーズ限定)。もちろん、在宅ワークの場所にも利用できます。

あと、敢えて何も置かず、家族がそれぞれ一人になれる空間とするのもいいですね。換気と階段の上り下りに注意して、おおいに活用してください。

LINEで送る

お問い合わせはこちらから 「どんな家がいいんだろう」「何から始めればいいの?」「見積もりをお願いしたい」「とにかくまずは見てみたい」に、私たちがお答えします。お気軽にご連絡ください。TEL 076-422-8489(平日:10:00~19:00)

※オスカーホームの対応エリアをお確かめください。対応エリアはこちらをクリックして確認

OSCAR J.J 住まいのトータルパートナー

建てる、買う、売る、直す。聞く、話す、知る。オスカーは全てカバーします。

  • 家を建てるなら OSCAR HOME
  • 困ったらすぐ電話しよう 住まいるオスカー
  • 不動産住宅を買うなら オスカー不動産
  • ショッピングモール GREEN STAGE
  • OSCAR J.J