レジ袋の有料化について

こんにちは、最近エコバックを購入したオスカーホーム富山南部射水営業所の千葉です。

色々なお店で耳にする「有料のレジ袋はお使いになりますか?」も聞きなれてきましたね。今回はそんな時に利用することが多い「レジ袋とエコバック」についてお話をしようと思います。

レジ袋は何で作られているの?

レジ袋はプラスチック製の袋ことであり、別名「ビニール袋」とも呼ばれています。厳密に言いますと、ビニールではなくプラスチックの一つである塩化ビニールを表しております。かつては包装用の小袋を塩化ビニールで作っていました。その名残から「ビニール袋」と呼んでいる方が多いようです。

ではビニール袋とは何なのか。正解は、ポリ袋です。

ポリ袋、通称ビニール袋はプラスチックの一つであるポリエチレン作られています。

なぜレジ袋が有料化になったの?

経済産業省の答えとして、

廃棄物・資源制約・海洋プラスチックごみ問題・地球温暖化などの問題があり、プラスチックの過剰な使用を抑制し、賢く利用していく必要があります。

このような状況から、令和2年7月1日より全国でプラスチック製買物袋の有料化となりました。

普段何気なく使っているレジ袋を有料化する事によりそれが本当に必要かどうかを考えて頂き、ライフスタイルを見直すきっかけとする事を目的としています。

出典:経済産業省サイト

要約すると、「エコ意識を高める」と言うことでこの政策は始まりました。

廃棄物・資源制約の効果には疑問符?

そもそもビニール袋と言うものは、石油から出来ており、石油からガソリンを作る時に出来た後の残生成物です。そのため、一部の方からは「その一部の製品であるレジ袋を有料化にしても何の意味があるのか?」という意見もあるようです。

近年では、路上にコンビニ袋に入れたゴミのポイ捨てが増えていたようなので、有料化により少なくなるようでしたら、微々たるものかもしれませんが効果が出るかも知れません。

ちなみに、ゴミの不法投棄は、法律により5年以下の懲役1,000万円以下の罰金刑となります。皆さまもゴミの始末にはご注意下さい。

エコバックにはこのような物も!

南魚沼米袋研究所のウェブサイトで購入できるようです。

索引:南魚沼米袋研究所

今回は、そんなエコバックについてお話をさせて頂きました。国民一人一人の行動で少しでもゴミの量が減ればと私も思っています。

LINEで送る

お問い合わせはこちらから 「どんな家がいいんだろう」「何から始めればいいの?」「見積もりをお願いしたい」「とにかくまずは見てみたい」に、私たちがお答えします。お気軽にご連絡ください。TEL 076-422-8489(平日:10:00~19:00)

※オスカーホームの対応エリアをお確かめください。対応エリアはこちらをクリックして確認

OSCAR J.J 住まいのトータルパートナー

建てる、買う、売る、直す。聞く、話す、知る。オスカーは全てカバーします。

  • 家を建てるなら OSCAR HOME
  • 困ったらすぐ電話しよう 住まいるオスカー
  • 不動産住宅を買うなら オスカー不動産
  • ショッピングモール GREEN STAGE
  • OSCAR J.J