建築現場担当が伝える「地縄張り」のお話

早速ですがこちらの写真をご覧ください。上の写真は、よく見かける空き地の状態です。
今はまだ何もないこの状態から、4か月後には下のパース画のような住宅が建つことになります。

地縄張りとは

さてこの空き地の状態から一番最初に「地縄張り」を行います。

敷地に縄を張って建物の実際の大きさ、配置を確認する作業です。実際に行った写真がこれです。

地縄張りは何のために行われる?

図面上の配置計画を、実際に現地の敷地で配置の確認を行うための作業です。

これでお客様にも、自分の家がどのくらいの大きさなのか一目で分かります!とはいってもまだまだ完成した姿を想像するのは難しいですね。今は工程の一番最初。工事はこれからです!

地縄張りで確認しておきたいポイント

・隣地境界からの距離

・駐車スペースなどの確認

・高低差などの確認

実際の建物が建つことをイメージしながら、お施主様・工事担当が確認いたします。
場合によっては、地縄の張り直しになることもあります。

家づくり知識のもう1ポイント: 敷地が建築可能な状態の「更地」

新しい敷地に家を建てる場合は、家を建てる敷地は何もない状態でなくてはなりません。
この状態にすることを更地(さらち)にすると呼びます。

例えば、家の建て替えを行う場合、既存の建物や障害物を撤去する必要がありますね。
こうした状態を得て、家づくりはスタートします。

LINEで送る

お問い合わせはこちらから 「どんな家がいいんだろう」「何から始めればいいの?」「見積もりをお願いしたい」「とにかくまずは見てみたい」に、私たちがお答えします。お気軽にご連絡ください。TEL 076-422-8489(平日:10:00~19:00)

※オスカーホームの対応エリアをお確かめください。対応エリアはこちらをクリックして確認

OSCAR J.J 住まいのトータルパートナー

建てる、買う、売る、直す。聞く、話す、知る。オスカーは全てカバーします。

  • 家を建てるなら OSCAR HOME
  • 困ったらすぐ電話しよう 住まいるオスカー
  • 不動産住宅を買うなら オスカー不動産
  • ショッピングモール GREEN STAGE
  • OSCAR J.J