レンタルを利用して買い物上手に

「レンタル」のサービスは以前からありましたが、コロナ禍でその需要は増えてきています。上手く利用して、買い物に役立てましょう。

子どもの幼少期は、レンタル三昧

いきなり筆者の体験談になりますが、子ども達の幼少期は、レンタルのお世話になりました。ベビーバスやベビーベッドなど、ベビー用品は使用期間が短いけれど、その時期にはあると便利なもの。

まずは1か月で借りて、必要なものは延長していきました(半年や1年単位で借りる方がお得ですが)。ベビーバスは1か月で返却でしたが(生後1か月過ぎると、湯船に入れるため)、チャイルドシートやベビーサークルなどは1年以上借りていました。

それまで、少しレンタルには抵抗はありましたが、消毒や除菌は徹底しており、今後も使っていこうと思ったものです。在宅勤務に切り替えになった人も増えていますが、いつ終わるか分からない場合は、所有でなくレンタルを利用する人の考えもよく分かります。

「サブスクリプション」って何?

時代の波に乗り切れない筆者ですが、それでも耳にする言葉が「サブスク」。「サブスクリプション」の略らしいですが、正式名称を言われてもさっぱり分かりません。とりあえず、スマホのアプリを使って何かできるらしいと、解釈していました。

前置きが長くなりましたが、「定額料金を支払うことで、一定期間のサービスが受けられることを保証するサービス」のことです。映画や音楽の「見放題」「聞き放題」といったものが多いですが、製品を借りることもできます。

スマホ1台(パソコンも可能)で申し込みから解約までできるのが大半。申込用紙を書く必要もなく、事前に準備するのはクレジットカードくらい。これは人気あるはずです。

「サブスク」でレンタルすると

コロナ禍で人気のある製品は、在宅ワーク用の家具やキッチン用品(手の込んだ料理ができる圧力鍋など)、運動不足解消のフィットネス器具だそうです。まさに、「お家生活を楽しもう」という感じです。

業者にもよりますが、契約期間を終了後、お得な価格で購入可能な場合もあります(使用頻度や需給で変動)。じっくり使って、本当に必要なものかどうか見極められそうです。

注意点としては、複数の「サブスク」を利用していると、管理が難しくなります。実際に、解約したはずなのに、金額を請求されたというケースも。どんなサービスでも言えることですが、何にどれだけお金を掛けたかは、しっかり把握しましょう。

こんな時代だからこそ、「買い物上手」を目指していきたいですね。

LINEで送る

お問い合わせはこちらから 「どんな家がいいんだろう」「何から始めればいいの?」「見積もりをお願いしたい」「とにかくまずは見てみたい」に、私たちがお答えします。お気軽にご連絡ください。TEL 076-422-8489(平日:10:00~19:00)

※オスカーホームの対応エリアをお確かめください。対応エリアはこちらをクリックして確認