124年ぶりに節分が2月2日に。これからも節分が2月2日になるわけは!?

「鬼はー外!福はうちー!」皆さんご存じのように今年、2021年の節分は124年ぶりの2月2日でした。私にとっては2月3日が節分というイメージだったので、節分の日が変わるという衝撃の事実でした。今回は改めて、節分の意味と日付についての関係性を見ていきたいと思います。

節分とは「立春」の前日

節分の由来は、こちらのブログ記事「節分の由来」(オスカーホームブログ)をご覧ください。

「立春」とは

冬が極まり春の気配が立ち始める日(出典:wikipedia)です。二十四節気において、1年の始まりとされるとても大切な日です。2021年以降の立春は次の通りです。

2021年以降の立春

日時(UT)
2021年 2月3日14:59 2月3日
2022年 2月3日20:51 2月4日
2023年 2月4日02:42 2月4日
2024年 2月4日08:27 2月4日
2025年 2月3日14:10 2月3日
2026年 2月3日14:10 2月4日
2027年 2月3日14:10 2月4日
2028年 2月3日14:10 2月4日
2029年 2月3日14:10 2月3日
2030年 2月3日19:07 2月4日
2031年 2月4日00:57 2月4日
2032年 2月4日06:48 2月4日
2033年 2月3日12:41 2月3日
2034年 2月3日18:40 2月4日
2035年 2月4日00:30 2月4日
2036年 2月4日06:19 2月4日
2037年 2月3日12:10 2月3日
2038年 2月3日18:02 2月4日
2039年 2月3日23:51 2月4日

今後しばらくは4年に一度節分が2月2日に!

上の表にあるように、2021年以降は4年に一度立春が2月3日になっています。つまり、立春の前日の節分も4年に一度2月2日になることになります。

LINEで送る

お問い合わせはこちらから 「どんな家がいいんだろう」「何から始めればいいの?」「見積もりをお願いしたい」「とにかくまずは見てみたい」に、私たちがお答えします。お気軽にご連絡ください。TEL 076-422-8489(平日:10:00~19:00)

※オスカーホームの対応エリアをお確かめください。対応エリアはこちらをクリックして確認