衣替え、ひと手間で来シーズンも気持ちよく

衣替えでしまった衣類は、きちんと汚れを落としてしまいたいもの。今回は、次のシーズンに気持ち良く着られるコツをお伝えします。

洗濯機は詰め込みNG

「洗濯」は、衣類の汚れを水に移す作業です。そして、最近の洗濯機は水流式・ドラム式とも節水に力を入れており、汚れを落とす元である水の量はかなり少なくなっています。

ということで、どちらのタイプも洗濯物の詰め込み過ぎは良くないのです。以下で、その目安を記します。

水流式の場合

衣類がしっかり沈む(見えないくらい)くらいの水量です。

ドラム式の場合

ドラム式は、衣類を持ち上げて叩く「叩き洗い」。ある程度の空間がないと、叩くことはできません。衣類は洗濯槽の半分から3分の2程度にしましょう。筆者の家ではドラム式を使っていますが、衣類を入れた際、ドラムの底(向こう側)が見えるかどうかで判断しています。

詰め込み過ぎた場合、汚れの落ちが悪いのはもちろんですが、においが残ってしまいます。

余談ですが。第二子出産直後の筆者宅。洗濯物のにおいに悩まされ、洗剤の量を増やしても解決せず。しばらくして家族が1人増えて洗濯物も増えたことに気付き、洗濯を朝晩2回行うように。そこで問題解決。詰め込み過ぎは要注意です。

40度程度のお湯を使い、ひと手間

40度程度のお湯を使うと、皮脂などの汚れが浮きやすいのですが、これを毎回行うのは難しいもの。衣替えのときだけ、と気合入れて使ってみてもいいですね。

すすぎは2回以上

すすぎの回数が選べる機種の場合、2回以上は行いましょう。特に、柔軟剤を使用する場合は、必須です。逆に1回だけなら、使用は控えましょう。

1回目のすすぎは、衣類から汚れや洗剤を水に移す作業。このときに柔軟剤を注入すると、その成分まで流れ出てしまいます。このまま長期間しまうと、せっかく洗ったのに、においや黄ばみが生じやすくなるという状態に。

仕上げはクエン酸

次のシーズンまで着ない、という場合は柔軟剤よりはクエン酸がおススメ。酸性なので、洗剤のアルカリ性を中和してくれます。もちろん、においや黄ばみの防止にも役立ちます。柔軟剤投入口に、小さじ1~2杯入れておきましょう。いろいろ使えて便利です。

衣替えは一仕事ですが、ひと手間掛けて来シーズンも気持ちよく着たいものです。

LINEで送る

お問い合わせはこちらから 「どんな家がいいんだろう」「何から始めればいいの?」「見積もりをお願いしたい」「とにかくまずは見てみたい」に、私たちがお答えします。お気軽にご連絡ください。TEL 076-422-8489(平日:10:00~19:00)

※オスカーホームの対応エリアをお確かめください。対応エリアはこちらをクリックして確認