「まごわやさしい」を知ってますか?

こんにちは、オスカーホーム福井営業所です。

日本の気象情報会社が先日発表した「猛暑見解2021」によりますと、今年も全国的にとても暑い夏になると発表されていましたね…。
屋外との温度差や冷房の効きすぎによって夏に体調を崩される方も多いと思います。
そこで、厳しい夏の暑さに負けない体を作るためには普段の食生活を整えることが重要です。

突然ですが、みなさんは「まごわやさしい」という言葉をご存じですか?
この7文字は、まんべんなく取り入れることで健康的でバランスの良い食生活を送ることができる食材の頭文字です。

今回はこの「まごわやさしい」についてご紹介します。

「ま・ご・わ・や・さ・し・い」の食材

まめ 豆類(納豆・油揚げ・味噌・豆腐など)
ごま ごま=種、実(ごま・くるみ・ナッツ・栗など)
わかめ わかめ=海藻類(わかめ・ひじき・のり・昆布など
やさい やさい=野菜類(緑黄色野菜・淡色野菜・根菜類など)
さかな さかな=魚貝類(青魚・小魚・しじみ・たこなど)
しいたけ しいたけ=きのこ類(椎茸・えのき・なめこ・舞茸など)
いも いも=芋類(じゃがいも・さつまいも・山芋・こんにゃくなど)

どれも身近な食材で、簡単にスーパーなどで手に入るものですね。
これらの食材を積極的にとりいれることで、簡単に日々の食生活をバランスの良いものに改善できます。

「まごはやさいしい」3つのポイント

「まごはやさしい」はバランスの良い食事の覚え方で、これらを積極的に食事に取り入れることで生活習慣病の予防や疲労回復などの効果があるとされています。普段の食生活への取り入れ方ですが、以下3つがポイントになります。

  1. 1日の食事のうちでこの食材を1回は摂取しましょう
  2. 足りないものを少しプラスする。頑張りすぎない
  3. 専門的な知識や細かい計算は不要。簡単だから誰でもできて続けやすい

1日に〇品目は取るとか、〇グラム食べるとか、そういった面倒くさいルールがあるとなかなか続けられませんよね。しかし、普段の食事を大きく変えるのではなく、足りないものを少しプラスしてみるという考え方で取り組んでみてください。

例えば、我が家の場合は、ごま類が足りなければサラダやスープにごまをトッピングしたり、魚類が足りなければ、卵焼きにしらすやシーチキンを入れて焼いたりしています。
きのこ類や野菜類、芋類が足りなければ汁物に全部まとめて入れてしまうことも多いですね。
このように手を掛けずにラクに実生活に取り入れることができます。

食は生活の基本です。「まごわやさしい」を食生活の合言葉にしてバランスの良い食事を心掛けて暑い夏を乗りきりましょう!

LINEで送る

お問い合わせはこちらから 「どんな家がいいんだろう」「何から始めればいいの?」「見積もりをお願いしたい」「とにかくまずは見てみたい」に、私たちがお答えします。お気軽にご連絡ください。TEL 076-422-8489(平日:10:00~19:00)

※オスカーホームの対応エリアをお確かめください。対応エリアはこちらをクリックして確認