ほぼ置くだけ?タンク式食器洗い乾燥機のススメ

台所仕事時短の救世主、食器洗い乾燥機(以下、食洗機)。使ってみたいけど。導入するにはハードルが高くて、という人も多いのでは。でも今は工事不要のタンク式食洗機という、お手軽なものもあるのです。

食洗機の基本。その種類は?

まずは、食洗機の種類について説明を。食洗機は、ビルトイン型と卓上型(据え置き型とも)の2つに分かれます。

ビルトイン型とは

システムキッチンと一体になっているもので、取り付けには業者による工事が必須です。費用も安くても10万円以上かかります。

卓上型とは

シンクやキッチンカウンターの上に置いて使います。数万円で購入できるものもあります。

おススメは、卓上型のタンク式

今回は、卓上型について詳しく見ていきます。

従来使われていたのが「分岐水栓式」。これは蛇口を工事で分岐させて、直接ホースでつないで給水するもの。取り付けは、基本業者に頼みます。ビルトイン型よりも大掛かりではありませんが、工事が必要となると、それだけでハードルが高くなるもの。

そんな中最近出てきたのが、「タンク式」。洗浄に必要な水を備え付けのタンクに入れて、使用するもの。工事は不要で、電源コード排水ホースをつなぐだけで使えます。スペースに限りがある場合や、まずは食洗機を試してみたいという場合におススメです。

タンク式食洗機の選び方

では、タンク式食洗機を選ぶとき、どのような点に注意をしたら良いでしょうか?

1 配置場所と本体の寸法を測る。

置き場所=本体の寸法にならないように。置き場所に対し、本体がひと回り以上小さくしましょう。特に上方部はジョウロで給水するので、余裕を開けて。扉は前開きが多いので、手前側にも余裕を。

2 ライフスタイルを考える。

家族の人数はもちろん、調理器具も食器も洗いたい、食器しか洗わないなど使い方によって選ぶ商品も変わってきます。ライフスタイルを考えて、「使いにくい」がないように。

3 給水のしやすさを考える。

5~6ℓの水を毎回給水するので、かなりの重労働。自信にとって一番楽な給水方法を選んでください。タンクが取り外しできるか否かで、使い勝手も変わってきます。
また、「タンク式」「分岐水洗式」両方に対応できるものもあるので、給水が面倒になったり、本格的に据え置きで使いたくなったりした際は便利です。

便利なだけでなく、導入も手軽になった食洗機。台所仕事が面倒と感じた際に、取り入れるのもいいですね。

LINEで送る

お問い合わせはこちらから 「どんな家がいいんだろう」「何から始めればいいの?」「見積もりをお願いしたい」「とにかくまずは見てみたい」に、私たちがお答えします。お気軽にご連絡ください。TEL 076-422-8489(平日:10:00~19:00)

※オスカーホームの対応エリアをお確かめください。対応エリアはこちらをクリックして確認