空から大きな氷、雹(ひょう)が降ってきた!

こんにちは、平成の大合併で南砺市に吸収された旧福野町出身の、オスカーホーム高岡砺波営業所の武部です。

さて、少し前になりますが、皆様は2021年9月6日、何をされていましたか?

私は午前中会社で会議に参加していましたが、私の住む南砺市福野地域では11時過ぎに雹が降ったとのことで、大騒ぎだったようです。大きいもので10cmほどもある氷の塊が降ってきたため、建物の外壁や窓、田んぼや畑の野菜などに大きな被害が出ました。

以下、北國新聞(9月7日)記事より抜粋

6日の富山県内は寒気を伴った気圧の谷が通過した影響で大気の状態が不安定となり、県西部などで一時、荒天に見舞われた。

南砺市では、特産のサトイモ畑で、雹が大きく生育した葉を突き破ったほか、複数の民家の窓ガラスが割れる被害も出た。
南砺市によると、午前11時10分ごろ、福野地域を中心に雹が降り、農作物被害などが確認された。富山地方気象台は同市と小矢部市に一時、大雨警報、土砂災害警戒情報を出した。

福野地域の中心街にある酒販店「お酒とギフト かたやま」の店主片山明さん(55)は「雹がすごい音を立てて店に当たった。風もひどく、とても外に出られる状態じゃなかった。小石ぐらいの大きさの塊もあった」と振り返った。

気象庁や富山地方気象台によると、雹は積乱雲から降る直径5ミリ以上の氷塊で、南砺市などの上空には発達した積乱雲が通過したという。

この時、我が家も網戸が破れる被害を受けました。写真で分かるようにかなり大きな穴が開いたのでした。

このため、季節外れではありますが、網戸を張り替えることになりました。「網戸の張り替え」については次回のブログで詳しく書かせていただきます。

LINEで送る

お問い合わせはこちらから 「どんな家がいいんだろう」「何から始めればいいの?」「見積もりをお願いしたい」「とにかくまずは見てみたい」に、私たちがお答えします。お気軽にご連絡ください。TEL 076-422-8489(平日:10:00~19:00)

※オスカーホームの対応エリアをお確かめください。対応エリアはこちらをクリックして確認