書類整理以外にも使える、クリアファイル

気が付くと溜まっているクリアファイル。そのうち使うからと、溜め込んで大量になっていることも。今回は書類整理以外の活用方法をお伝えします。

書類整理以外の活用方法

扉裏収納に

流しやチェストなどの扉裏。ここにクリアファイルを貼り付けると、細々したものを整理することができます。クリアファイルの片面に両面テープを四隅に貼り付けます。

説明書入れに

家電などの説明書、可能ならば、前述のようにクリアファイルの片面に両面テープを貼って本体に取り付け。冷蔵庫や洗濯機など大型のものに向いています。でも小さかったり、ヒーターのように熱を発したりするものには向きません。

そういうときは、製品ごとにクリアファイルに入れて収納。マジックで、電子レンジ、炊飯ジャーなどと記したり、インデックスを付けたりすると一目瞭然。新製品に買い替えたときは、古い説明書は処分して新しいものに入れ替え。そうすると、混乱しません。

製品ごとにクリアファイルに入れると、かなりの量になるので、ファイルボックスに入れて外側に「説明書」と書いておけば、何かあったときすぐに取り出すことができます。

手作りマスクケースに

マスクが手放せない昨今。外出時にマスクを外す際、マスクケースがあれば便利です。市販品もありますが、クリアファイルを使えば、簡単に作れます。

消毒したクリアファイルを、マスクの大きさに合わせて切ります。角を丸くして(ケガ防止)たら、これで完成。あれば、マスキングテープを切り口に貼ると安全なだけでなく、アクセントにもなります。防水効果があるのも、うれしいです。

お金の管理に

前述のマスクケース、これを封筒代わりにしてお金の管理に活用。封筒より取り出しやすく中身も見えやすいので、家計の見える化に役立ちそう。

ホワイトボード代わりに

冷蔵庫にマグネットで貼り、ホワイトボード代わりに。書類を入れてメモを書くと、提出期限なども忘れずにすみます。字が見えにくい場合は、クリアファイルに白い紙を挟みましょう。

狭い場所のお掃除に

冷蔵庫の下など、掃除機が入らない場所にクリアファイルを入れて。静電気の力で、ほこりや髪の毛をかき出してくれます。実際使うと、すごい量が出てきそうですが。

見られたくない書類は、柄入りクリアファイルで

透明なクリアファイルもあれば、片面だけ柄(イラスト)があったり、両面柄があったりします。
両面柄があるものは、中身が見えないので、他人に見られたくない書類を持ち運ぶのに最適。

筆者はとあるキャラクターが全面に描かれたクリアファイルを、コンビニなどでコピーするときに活用しています。自分思うほど、周りは気にしていませんから。

お気に入りは、クリアファイルフォルダーに収納

クリアファイルはA4サイズなので、クリアケースに入れて収納することができます。でも最近は、ポストカードのようにコレクションする人も増えているので、クリアファイルフォルダーという専用のものもあります。通常のものより厚みがあって丈夫です。使わないで、見せる方法もありです。

クリアファイルの活用方法。DIY並みに凝ったものもあるのですが、今回は簡単にできる方法をお伝えしました。これで、クリアファイルの収納場所がスッキリするといいですね。

LINEで送る

お問い合わせはこちらから 「どんな家がいいんだろう」「何から始めればいいの?」「見積もりをお願いしたい」「とにかくまずは見てみたい」に、私たちがお答えします。お気軽にご連絡ください。TEL 076-422-8489(平日:10:00~19:00)

※オスカーホームの対応エリアをお確かめください。対応エリアはこちらをクリックして確認