夏の帽子のお手入れ、注意したいことは?

夏の外出に、日除けとして帽子は欠かせないアイテム。でも、大量に汗を時期なので、どのようにお手入れしたら良いか気になりますね。

夏用の帽子は、丸洗いが難しい

夏用の帽子は、綿や麻、麦わらといった天然素材が使われているものが多いです。通気性が良いのですが、これらはぬれると縮んだり変形したりします。つまり、丸洗いが難しいのです。ということで、以下に意識したいことを記します。

帽子の内側「スベリ」を清潔に

帽子の内側の被り口に一周に縫い付けられた布。これを「スベリ」と言います(筆者は初めて知りました)。直接肌に触れて、汗や皮脂、ファンデーションから帽子本体を守るためのもので、非常に汚れやすい箇所です。これを放置すると、カビのシミの原因に。

使った後は、固くしぼったタオルで汚れを軽く叩くように、水拭きしましょう。

ファンデーションが付いた場合は、少量のメイククレンジングをスベリに直接付けて、指で軽くなでてからタオルで拭き取ります。

簡単にお手入れしたい場合は、専用のテープが販売されています。肌に優しい不織布で裏面に粘着テープがついています。スベリの額に当たる部分に貼り付けます。テープが汚れたら、新しいものと交換します。

短時間で洗う

水洗いができる帽子でも、色落ちや型崩れを防ぐため洗うのは短時間で。洗面器に水を溜め、洗濯用の中性洗剤を2~3滴入れます。帽子の頭を下にして、左右に3~4回軽くゆすります(振り洗い)。次にスベリ部分を軽くこすり、汚れを落とします。最後に、水を取り替えて、軽くゆすります(すすぎ)。

ということで、つけ置き洗いは避けましょう(これまでつけ置き洗いをしていた筆者には、驚きでした)。

洗えない素材の場合

気になるのが、麦わらなど洗えない素材。スベリを拭いた後は、ブラシをかけてホコリを上から下へ、流すように落としましょう。帽子専用のものもありますが、馬毛など柔らかい洋服ブラシでも可能。

でも、洗濯して清潔に保ちたい。と思うのならば、購入時に洗濯可能か確認するのも1つの方法です。

陰干しで、しっかり乾かす

水気を取るために、ギューギューしぼったり、大きく振ったりするのは絶対NG。型崩れしてしまいます。

帽子の内側にタオルを詰めて水分を移し、表面は丁寧に拭き取ります。その後、タオルを詰めたまま風通しの良い場所で、直射日光を避けて陰干し。また、早く乾かしたいからといって、ドライヤーの熱風を当てるのは厳禁。生地を傷めたり、麦わらにヒビが入ったりする恐れがあります。

これらのことを意識して、お気に入りの帽子を長持ちさせてください。筆者はスベリの汚れが気になって、メイククレンジングを使っていましたが、今回にテープがあることを初めて知ったので、使ってみたいと思います。ケア用品は上手に活用したいものです。

LINEで送る

お問い合わせはこちらから 「どんな家がいいんだろう」「何から始めればいいの?」「見積もりをお願いしたい」「とにかくまずは見てみたい」に、私たちがお答えします。お気軽にご連絡ください。TEL 076-422-8489(平日:10:00~19:00)

※オスカーホームの対応エリアをお確かめください。対応エリアはこちらをクリックして確認