これって何の図面?各図面から読み取れる内容と、計画のポイント

83a69898dbce07530b4cbc2b3fa29261_s

家を建てるにあたり、様々な図面が目的に応じて作成されます。

プランが決定するまでの基本設計の段階では、主に平面図や立面図などが作成され、それをもとに打ち合わせを行います。プランが決まってからの実施設計段階では、各種申請上・施工上必要な情報を盛り込んだ図面を着工に向け、作成していきます。

その過程で、施主様には都度それらの図面が渡るわけですが、一体それが何を示した図面で、何が読み取れるのか?難しそうな事がいっぱい書いてあってよく分からない!といった方も多いのではないでしょうか。

そこで今回は、各図面の解説と図面を見るときのポイントを、まずは基本設計段階で作成される主な図面から解説していきたいと思います。

基本設計で使われる主な図面

配置図

敷地にどのように建物を配置するかを示した図面。敷地の形や面積、方位や、隣地・道路からの距離が読み取れます。

隣地の住宅からの距離が近い場合は、実際に同じような距離間隔で建っているものを見てみるとイメージしやすいかもしれません。

また、車をお持ちの方は、何台あって将来増える予定はあるか?自転車はどこに置く?車から玄関までの動線は?など、建物と敷地の余白部分の計画もしてみて下さい。

スクリーンショット 2015-08-27 08.56.14

平面図

床面から1.5m程度(目線の高さくらい)の高さで、家全体を水平に切断して見下ろした図面。各階の間取りが把握できます。

家に帰ってきてからの動線、家事をするときの動線など、平面図を見ながら日常の生活をシュミレーションする事で、新たな発見・問題点が見つかり、よりよい間取りがつくれます。

スクリーンショット 2015-08-27 08.56.29

立面図

建物の外観を表す図面。屋根の形状や軒・ケラバの出、窓のバランス、換気フードの位置などが読み取れます。

日が当たる方位の窓の配置・大きさは?雪が降る地方にお住まいの方は、屋根の雪がどの方向に落ちていくのか?配置計画と照らし合わせながら見てみましょう。

展開図

室内に立ち、各方向の壁を見た様子を示す図面。天井高さや、窓・建具、設備、家具類の位置・高さが示されています。

スケール感が分かりにくい場合は、ご自身の身長に合わせた人をその展開図の中に書いてみるといいでしょう。

一般的に1/50の縮尺で書かれる事が多いですが、その場合、身長170cmの方ですと3.4cm、身長160㎝の方ですと、3.2㎝になります。

展開図

展開図の視点

次回は、実施設計段階で作成される図面について解説していきます。

LINEで送る

お問い合わせはこちらから 「どんな家がいいんだろう」「何から始めればいいの?」「見積もりをお願いしたい」「とにかくまずは見てみたい」に、私たちがお答えします。お気軽にご連絡ください。TEL 076-422-8489(平日:10:00~19:00)

※オスカーホームの対応エリアをお確かめください。対応エリアはこちらをクリックして確認

OSCAR J.J 住まいのトータルパートナー

建てる、買う、売る、直す。聞く、話す、知る。オスカーは全てカバーします。

  • 家を建てるなら OSCAR HOME
  • 困ったらすぐ電話しよう 住まいるオスカー
  • 不動産住宅を買うなら オスカー不動産
  • ショッピングモール GREEN STAGE
  • OSCAR J.J