家づくりに必要な図面の種類と、見方のポイント

前回の記事では、基本設計段階で作られる図面について説明しましたが、今回はその基本設計で決定したプランを実際に施工していくために作られる「実施設計図面」についてお話します。

「意匠図」と「構造図」

実施設計において作成される図面数や種類、形式などは各住宅メーカー・工務店により異なりますが、大きく分けると「意匠図」と「構造図」が作成されます。

  • 意匠図は文字通り意匠(デザイン)を示す図面
  • 構造図は基礎や柱・梁の構成を示す図面、いわば建物の骨格となる部分の図面

構造図はなかなか読み取りが難しいかもしれませんが、意匠図は何を示す図面なのかが分かれば比較的理解しやすい図面も多くあるので、以下いくつかピックアップしてご紹介します。

家づくりに必要な図面の種類

平面詳細図

名前の通り、平面図の縮尺を上げてより詳細に書かれた図面。

現場で実際施工していく際に必要な情報が盛り込まれています。内装においても、仕上げだけでなく下地に何を施工するのか?といった情報や、設備の設置位置などの平面図では表記されていない細かな寸法指示がされています。

一見、平面図より密度が高く難しそうに見えますが、これを元に現場では作業が進んでいくわけですから、色々な情報を読み取ることが出来る重要な図面です。設計前の打合せの際にピアノや本棚下の床補強や棚取付のための壁補強等を依頼した場合、それらが図面に正しく反映されているか?予定している家具がちゃんと納まるか?など注意深く見てみて下さい。

平詳

矩計図(かなばかりず)

建物を垂直方向に切断し、そこに高さ方向の詳細情報を盛り込んだ図面のことを矩計図(かなばかりず)と言います。

図面には建物の最高高さや軒の高さ、天井高さなどが示されています。天井高さは室内の印象を大きく変える重要なポイントです。事前に打ち合わせした高さで図面が作成されているか、確認してみて下さい。

その他にも、建物が完成してしまったら見る事の出来ない壁内や天井裏の部分にどんな種類の断熱材が使われているのかが示されています。断熱材の性能は?また厚さはどのくらいか?建物の断熱性能を決める重要なポイントとなるので、チェックしてみましょう。
> オスカーホームの断熱性能について

矩計

仕様書・仕上げ表

内装や外装の仕上げ、基礎の仕様、サッシの種類、設備のメーカー名や品番、数量などを使用する場所ごとに表にまとめたものを仕様書や仕上げ表と言います。図面では指示しきれない部分について細かく書かれています。

ベース仕様書

建具図・建具表

住宅の、どこにどんな種類の建具が入るのかを示した図面や表のことを言います。

平面図の建具記号だけでは読み取れない建具のデザインが示されているので、コーディネート打合せ時に1つ1つ打ち合わせ通りの建具が入っているかチェックしてみて下さい。また、和室と洋室が隣り合わせになっている場合には、和室まわりの建具がどこまでが和建具でどこまでが洋建具かの境も確認してみましょう。

建具図

電気配線図

照明やコンセント、スイッチなどの種類・位置を示した図面を電気配線図といいます。

図面の中の記号が何を示すのか、説明している凡例で確認すれば大体の内容は理解できると思います。想定している家具配置に見合った位置にコンセントやスイッチがあるか確認しましょう。また、ドアを開ける前に点けるのか、開けてから点けるのかなど家の中での動線とスイッチをつけるタイミング等を考えながら、図面の中を歩いていくようにチェックしてみましょう。

配線図

その他、基本設計段階から目にしている平面図・立面図なども、実施設計段階においては着工に向けて情報が付加されていたり、納まりの微調整がされていたりしますので、最終図面の確認も忘れず行って下さい。

LINEで送る

お問い合わせはこちらから 「どんな家がいいんだろう」「何から始めればいいの?」「見積もりをお願いしたい」「とにかくまずは見てみたい」に、私たちがお答えします。お気軽にご連絡ください。TEL 076-422-8489(平日:10:00~19:00)

※オスカーホームの対応エリアをお確かめください。対応エリアはこちらをクリックして確認

OSCAR J.J 住まいのトータルパートナー

建てる、買う、売る、直す。聞く、話す、知る。オスカーは全てカバーします。

  • 家を建てるなら OSCAR HOME
  • 困ったらすぐ電話しよう 住まいるオスカー
  • 不動産住宅を買うなら オスカー不動産
  • ショッピングモール GREEN STAGE
  • OSCAR J.J