カサカサお肌とさようなら!冬の乾燥肌対策

いよいよ冬本番!お部屋の暖房器具も本格的に稼働し始めている頃かと思います。気温が下がると、外や家の中の湿度も下がり、お肌に厳しい季節が今年もやってきました。この時期にお肌のお手入れを誤ると、酷くお肌にダメージを与えてしまうことになります…。image003 image001

そこで、今回は冬場に気を付けたい、お肌のスキンケアについて取り上げていきたいと思います。

 

バスタイムでのスキンケア編

冬場は冷えた体を暖めようと、ついつい長時間お湯に浸かってしまいがちに。しかし、長時間の入浴はお肌の保湿成分まで流れてしまいます。40℃前後のお湯に10~15分程度の入浴をオススメします。image005

また、ナイロンタオルでごしごしと体を洗ってしまうと、お肌を傷つけ乾燥に繋がってしまいます。体を洗う際は、手のひらやコットンタオルなどを使って優しく洗いましょう。特に、皮膚の薄い胸元や、乾燥しやすい腕・脚などは気を付けましょう。

入浴後のボディケア編

入浴した直後の身体は水分が満たされてうるおいます。しかし、その後はどんどん水分が抜けていき、とても乾燥しやすい状態になってします。そのため、なるべく入浴後15分以内に保湿クリームなどをお肌に付けましょう。image007

また、保湿クリームは胸元や腕、指先、腹部等の皮膚の薄い部分から塗っていくことがオススメです。

クレンジング・洗顔編

冬場は水温も下がり、お湯で洗顔をされている方も多いかと思います。また、メイク落としや洗顔料、皮脂が落ちやすいということでお湯を使われることもあると思います。

しかし、熱いお湯を使うと、必要以上に皮脂を落とし、肌の温度が上がることで水分が蒸発して、乾燥の原因になってしまいます。そのため、洗顔時の水の温度は、ぬるま湯を使うことをオススメします!

image011また、しっかりと汚れを落とそうと長時間かけてクレンジングや洗顔をされることもあるかと思いますが、これも乾燥の原因になります。必要以上に皮脂や保湿成分を落とさないためにも、クレンジングや洗顔はさっと済ませましょう。

洗顔をするときは、皮脂が多い部分から洗い始め、乾燥しやすい部分を最後に洗うことで、お肌の負担を減らすことが出来ます。「鼻→おでこ→口まわり→目元」の順に優しく撫でるように洗うのがオススメです。

洗顔後は、お肌を傷めないよう柔らかいタオルで、優しく抑えるように水分を取りましょう。

洗浄力の強いものを使うとお肌に負担がかかってしまうこともあるため、ご自身のお肌に合ったものを選ぶようにしましょう。

スキンケア編

洗顔後の肌はとっても乾燥しやすい状態になっております。そのため、すぐにスキンケアを行いましょう!image013

まずは化粧水を使ってしっかりとお肌に水分を含ませます。乾燥が酷い場合は、コットンに化粧水を含ませたローションパックがオススメです。まず、コットンに水を含ませます。

次に、軽く水気を絞った後、化粧水をしみこませます。薄く裂いてお肌に乗せ、2分ほどパックすればOKです。

しっかりとお肌に水分を与えた後は、水分が逃げないよう、乳液やクリームを使って蓋をしましょう。自分のお肌に合ったものを適量使用することが効果的です。

日々のちょっとした工夫だけで、お肌の乾燥は防ぐことが出来ます!この冬はぜひ、うるうるお肌を目指してみませんか?

 

 

LINEで送る

お問い合わせはこちらから 「どんな家がいいんだろう」「何から始めればいいの?」「見積もりをお願いしたい」「とにかくまずは見てみたい」に、私たちがお答えします。お気軽にご連絡ください。TEL 076-422-8489(平日:10:00~19:00)

※オスカーホームの対応エリアをお確かめください。対応エリアはこちらをクリックして確認

OSCAR J.J 住まいのトータルパートナー

建てる、買う、売る、直す。聞く、話す、知る。オスカーは全てカバーします。

  • 家を建てるなら OSCAR HOME
  • 困ったらすぐ電話しよう 住まいるオスカー
  • 不動産住宅を買うなら オスカー不動産
  • ショッピングモール GREEN STAGE
  • OSCAR J.J