寒い季節を乗り切ろう!温水式床暖房のメリット: 3種類の熱の伝わり方を利用してトリプル効果!

10月に入り、朝晩の冷え込みが厳しくなってきました。そろそろ暖房器具を準備し始める方も多いかと思います。

これから新築やリフォームをされる方で、床暖房を取り付けようか迷われている方必見!今回、温水式床暖房のオススメポイントをお教えいたします。

まずは、床暖房の肝となる、熱について。

種類が豊富な暖房器具

今やリビングの暖房の定番とも言える床暖房ですが、暖房器具には床暖房の他にも、エアコンやファンヒーター、ホットカーペット…等、様々な器具があります。それぞれ空間や物の暖め方が違ってきます。

例えば、エアコンの場合は暖めた空気を吹き出しますが、床暖房の場合は、熱線や赤外線を出して直接器具を暖める、といった具合です。

知ってた?!熱が伝わる方法は3種類あります。

熱の伝わり方には「対流」「伝熱」「ふく射」の3つがあります。それぞれを見ていきましょう。

1. 空気の流れの性質「対流」

対流とは、空気が移動する性質を表す言葉です。

  • 暖められた空気は部屋の上部へ
  • 冷えた空気は部屋の下部へ

エアコンやファンヒーターなどの暖房器具は、この対流を利用して空気の循環させることで空間を暖めています。

しかし、天井付近に取り付けられたエアコンでは、部屋の上部に暖められた空気が溜まってしまうため、頭の方は暖かいのに足元が冷たいという現象が生じてしまいます。
対流

2. 熱が伝わる現象「伝導」

伝導とは、熱が物体の中を移動する現象のことです。熱は、温度の高い方から低い方へと移動する性質を持っており、湯たんぽやホットカーペットはこの伝導を利用した暖房器具となっています。

しかし、熱源に触れていないと暖かさを感じられず、低温火傷の恐れもあるため、注意が必要です。
伝導

3. 熱の放出「ふく射(放射)」

物体はその大きさに比例した熱を放出しており、この熱のことをふく射熱、または放射エネルギーと言います。放出されたふく射熱は温度の低い物体に吸収されるため、熱を吸収した物体の温度が上がります。

そのため、暖められた熱が壁や天井にも伝わるため、お部屋全体を均一に暖めます。ふく射を利用した暖房器具には、遠赤外線を利用したパネルヒーターや蓄熱暖房機、ハロゲンヒーターなどがあります。
ふく射

温水式床暖房は全部を使う!トリプル効果で暖か

床暖房にも大きく分けて、温水循環式と電気ヒーター式のものがあります。
※今回は、温水循環式タイプの床暖房に限っています。

  • 温水循環式:温水を循環させるもの
  • 電気ヒーター式:電気発熱ヒーターを使うもの

温水式床暖房の場合、これまで紹介した3つの熱の伝達方法、床面付近で暖められた空気による「自然対流」、床に接している部分からの「伝熱」、赤外線の熱によって部屋全体が暖まる「ふく射」のトリプル効果でお家を暖めることが出来ます!

熱の伝わり方3つをすべて使うことによって、

  • 部屋全体が暖まります
  • 熱が逃げにくいため、効果的にエネルギーを使用します=光熱費も削減できます
  • 余熱が残るため、一気に部屋が寒くなることがありません

その他には、

  • 燃焼系の暖房器具のように結露しにくく、また空気を汚すこともありません

床暖房体験会を開催中

オスカーホームのモデルハウスでは、床暖房体験会が開催されております!新潟・北陸地方にお住まいの方は、お近くのモデルハウスでぜひご体感下さいませ!

LINEで送る

お問い合わせはこちらから 「どんな家がいいんだろう」「何から始めればいいの?」「見積もりをお願いしたい」「とにかくまずは見てみたい」に、私たちがお答えします。お気軽にご連絡ください。TEL 076-422-8489(平日:10:00~19:00)

※オスカーホームの対応エリアをお確かめください。対応エリアはこちらをクリックして確認

OSCAR J.J 住まいのトータルパートナー

建てる、買う、売る、直す。聞く、話す、知る。オスカーは全てカバーします。

  • 家を建てるなら OSCAR HOME
  • 困ったらすぐ電話しよう 住まいるオスカー
  • 不動産住宅を買うなら オスカー不動産
  • ショッピングモール GREEN STAGE
  • OSCAR J.J