インテリアアドバイザーが伝える「マットレスは硬い・柔らかい、どっちが良い?」

仕事がら、家具屋さんに行ったりお店の方と話をする機会が多くあります。そこで、今回はそんな私たちがみなさまにお伝えしたいトピックスについて紹介いたします。今回は「ベッド」のお話しです。

girl-1245773_640

自分に最適なマットレスの選び方は?

人間は人生の1/3から1/4は寝ていることになるので、快適な睡眠を取るということはとても大事なことだと言えます。ところが、調べて見ると睡眠が原因の腰痛に悩まされている人って意外に多いのです。

ある人に聞いたところ、硬いマットレスのほうが負担がかからないと思っていたそうで、クッションの硬いベッドを探していたそうです。しかし、それはかえって腰に負担をかける事になる場合もあるので注意が必要です。

自分の体形に合った硬さを選ぶこと

マットレスにはどのような効果があるのかご存知でしょうか?

マットレスには睡眠時の体重によってかかる圧力を吸収、分散して体の負担を軽減する効果があります。睡眠時のあおむけの体勢は肩から腰に特に体重が集中します。腰にかかる負担は体重の44%にも達すると言われています。朝起きたときに肩こり、腰痛が生じるのはこのためです。

あおむけで体重がかかった状態では血行も悪くなるため、私たちは睡眠時に無意識で寝返りを打っています。

睡眠中に寝返りの回数が増えすぎると深い睡眠の妨げになり、起床時に疲労感を感じてしまいます。あなたの体に合ったマットレス選びはこれらの体に生じる負担を軽減させるためには需要な役割を担っているのです。

基本的な考えは「自分の体重、体形に比例する反発できるマットレスが身体に負荷が少ない」ということです。そのため、身体・体重のある人は「硬めのマットレス」、スリムな体型の人・体重の軽い人は「やわらかめのマットレス」をお勧めします。

色々なマットレスを試すときのコツ

自分にピッタリのものを探すには信頼のある家具屋さんと相談して決めていただくのが良いですから、いろんな家具屋さんに足を運んでいただくことで、良い家具屋さんと良いベッドに巡り会えると思います。

しかし、マットレスに寝転んだときの感覚はピッタリでも実際に睡眠を取ってみると肩こり、腰痛が出てしまったり、疲れが抜けないという不具合が起こることも。これではせっかく時間をかけて吟味した意味がなくなってしまいますね。

マットレスを購入する際はお試し期間や、返品可能なお店を選ぶことが最強のマットレスの選び方と言えます。

LINEで送る

お問い合わせはこちらから 「どんな家がいいんだろう」「何から始めればいいの?」「見積もりをお願いしたい」「とにかくまずは見てみたい」に、私たちがお答えします。お気軽にご連絡ください。TEL 076-422-8489(平日:10:00~19:00)

※オスカーホームの対応エリアをお確かめください。対応エリアはこちらをクリックして確認

OSCAR J.J 住まいのトータルパートナー

建てる、買う、売る、直す。聞く、話す、知る。オスカーは全てカバーします。

  • 家を建てるなら OSCAR HOME
  • 困ったらすぐ電話しよう 住まいるオスカー
  • 不動産住宅を買うなら オスカー不動産
  • ショッピングモール GREEN STAGE
  • OSCAR J.J