乾燥の季節!お部屋の湿度を快適に保つコツ

秋も深まり、肌寒い日も増えてまいりました。これから冬に近づくに連れて暖房機器を利用する機会も増えてくるかと思います。そこで気になってくるのは、お家の乾燥。

今回は、冬場の乾燥しがちなお家を、快適な湿度に保つためのポイントをいくつか紹介したいと思います。

お部屋の湿度は40~60%がベスト!

室内での快適で健康的な湿度は、一般的に40~60%と言われています。湿度が40%を下回ると、肌やのどの乾燥し、さらにインフルエンザウイルスが活動しやすくなってしまいます。また、湿度が60%を上回ると、ダニやカビの発生につながりやすくなってしまいます。

image001 image003

冬場の室内は乾燥しがち!

一般的に、温かい空気は多くの水分を含むことができ、冷たい空気は含むことのできる水分が少なくなっております。そのため、もともとの含んでいる水分が少ない冷たい空気を温めると、相対的に湿度が低くなってしまいます。これが冬場に乾燥しがちな原因にもなります。image009

以前は、灯油を用いたストーブやファンヒーターなど、水分が出る暖房器具が多く使われておりましたが、最近では、安全性も考慮して、エアコンや床暖房といった直接火を使わない暖房器具を使われている方が増えています。そのため、お部屋の温度は上がりますが、含んでいる水分は寒いときの少量のままとなってしまい、結果としてお部屋の乾燥に繋がってしまいます。

お部屋の加湿方法

image011加湿器を購入し加湿するほかにも、すぐに簡単に出来るお部屋の加湿方法を5点紹介します。

1.洗濯物を室内で干す

水分を含んだ洗濯物を乾燥しがちな部屋で干すことで、洗濯物も乾きやすく、お部屋の湿度を高めることができます。

ただし、部屋干しのにおいが気になることもありますので、なるべく日当たりの良い場所に置き、風を当ててあげることもオススメです。また、湿度が上がりすぎることもありますので、適度に窓を開けて換気しましょう。

2.観葉植物を飾る

image013植物は常に葉っぱから水分を蒸発させて(蒸散)おります。そのため、お部屋に観葉植物を飾ってあげることにより、お部屋の空気に水分を補給させてあげることができます。植物の種類は基本的になんでもよく、育てやすいものがオススメです。

3.濡れタオルを干す

個室など狭い範囲などでしたら、厚手のタオルをハンガーに吊るして干しておくだけでも十分加湿することができます。就寝時、のどの乾燥などか気になる場合にもオススメなので、寝る前に寝室に干すのも良いですね。

4.お風呂後の扉を開けておく

入浴後、お風呂のドアを開けておくことで、お風呂場にたまっていた水蒸気によってお部屋を加湿することができます。すぐに浴槽のお湯を抜かずにしばらくためておくのも良いかもしれません。

5.加湿グッズを使う

image017最近では、かわいらしい卓上の加湿グッズも数多く販売されており、タンクに水を入れてフィルターを付けるだけのエコな加湿グッズもあります。お部屋のデザインやお好みに合わせてお選びいただけるかと思います。

いかがでしたでしょうか?最近では空気清浄機能付きの加湿器や、加湿・除湿機能付きのエアコンも販売されておりますので、ぜひ、生活スタイルに合った加湿方法をお選びください。

LINEで送る

お問い合わせはこちらから 「どんな家がいいんだろう」「何から始めればいいの?」「見積もりをお願いしたい」「とにかくまずは見てみたい」に、私たちがお答えします。お気軽にご連絡ください。TEL 076-422-8489(平日:10:00~19:00)

※オスカーホームの対応エリアをお確かめください。対応エリアはこちらをクリックして確認

OSCAR J.J 住まいのトータルパートナー

建てる、買う、売る、直す。聞く、話す、知る。オスカーは全てカバーします。

  • 家を建てるなら OSCAR HOME
  • 困ったらすぐ電話しよう 住まいるオスカー
  • 不動産住宅を買うなら オスカー不動産
  • ショッピングモール GREEN STAGE
  • OSCAR J.J