環境のためにできることは何?普段の生活を見直そう

6月は環境月間でした。しかし、6月だけでなく普段から環境について考えていきたいもの。特に、節電はCO2削減に、更に地球温暖化防止につながります。

家庭でできる節電アクション

2011年の東日本大震災を機に、被災地の復興と安定した電力供給を促進するために作成された、環境省の「みんなで節電アクション!」のウェブサイト。その中から、一人ひとりが普段の生活を見直すことで実行できる「家庭でできる節電アクション」を、お伝えします。

家電製品別の消費電力量

家電製品別の消費電力量(2009年)を見ると、電気冷蔵庫が14.2%とトップです。次いで、照明器具13.4%、テレビ8.9%、エアコン7.4%と続きます。これらの家電製品の使い方を工夫することで、効果的に節電ができます。

余談ですが、「電気こたつ」は0.8%と下位でした。廃れているのでしょうか?「電気こたつ」を愛する筆者としては、少し悲しく、我が家はレアな存在なのかと、思ったりします。

家庭でできる節電、7つのポイント

上記を元に掲げたのが、以下の7つのポイントです。

  1. こまめにスイッチオフ! スイッチオフで電気使用は必要最小限に!
  2. 待機電力を削減! 使用していない場合にも電力が消費される待機電力を削減!
  3. エアコンで節電! 設定温度・風向きを調整して節電!
  4. 冷蔵庫で節電! 扉の開閉時間を短く、詰め込む量も考えて節電!
  5. 照明で節電! 明るさや点灯時間を調整して節電!
  6. テレビで節電! 主電源OFF・明るさを調節して節電!
  7. 他にもこんなところで節電! 生活スタイルを見直して節電!

次項では、夏に向けて使用頻度がグンと上がる、冷蔵庫とエアコンについて見ていきます。

冷蔵庫編

余分な開閉はしない。

開閉が多いと冷気が逃げてしまいます。設定温度はできるだけ夏は「中」、冬は「弱」にしましょう。

物を詰め込み過ぎない。

冷気の流れが悪くなり、庫内が均一に冷えなくなります。また、見渡しが悪くなるため、ドアの開けている時間が長くなります。まずは整理整頓を。

熱い物は冷ましてから入れる。

カレーなど冷まさずに入れると、庫内温度が上昇し、再度庫内を冷やすため余分なエネルギーがかかります。

壁から適切な間隔で設置する。

冷蔵庫の周囲が壁などに接していると、効率よく放熱できません。冷蔵庫の周囲には5㎝以上の間隔を開けましょう。

傷んだパッキンは取り換える。

傷んでいる隙間から冷気が漏れて、電気の無駄使いに。目安は名刺などを挟んでずり落ちたら換え時。

エアコン編

カーテンで窓からの熱の出入りを防ぐ。

夏は冷気が逃げるのを防ぐだけでなく、日照を遮ります。冬は室内の暖気を閉じ込め、外気が入るのを防ぎます。

フィルターの掃除はこまめに。

2週間に一度はフィルターの掃除を。フィルターが目詰まりしていると冷暖房効果が下がり、無駄な電気を使います。

室外機の周囲に物を置かない。

室外機の吹き出口に物を置くと、冷暖房の効果が下がります。風通しの良いところに設置し、周囲は整理整頓。

扇風機やサーキュレーターを併用して、風向きを調節。

扇風機やサーキュレーターを併用すれば、夏は風が当たると涼しく感じ、冬は温まった空気を循環させることができます。

設定温度は、冷房は28度、暖房は20度を目安に。

既に実施していることもあれば、新たに知ったこともあるでしょう(筆者は冷蔵庫のパッキンが取り換えられるとは、知りませんでした)。どれも簡単なことなので、だからこそ一人ひとりの意識することが大切ですね。

参考資料

LINEで送る

お問い合わせはこちらから 「どんな家がいいんだろう」「何から始めればいいの?」「見積もりをお願いしたい」「とにかくまずは見てみたい」に、私たちがお答えします。お気軽にご連絡ください。TEL 076-422-8489(平日:10:00~19:00)

※オスカーホームの対応エリアをお確かめください。対応エリアはこちらをクリックして確認

OSCAR J.J 住まいのトータルパートナー

建てる、買う、売る、直す。聞く、話す、知る。オスカーは全てカバーします。

  • 家を建てるなら OSCAR HOME
  • 困ったらすぐ電話しよう 住まいるオスカー
  • 不動産住宅を買うなら オスカー不動産
  • ショッピングモール GREEN STAGE
  • OSCAR J.J