冬の暖房器具の簡単節電術!

寒さ厳しい北陸地方の冬。光熱費がかさみがちですが、少しの工夫と心掛けで電気代を節約することができるんです。

エアコンの節電術

心掛けたいのは、暖房器具の設定温度。経済産業省資源エネルギー庁が推奨する冬のエアコンの設定温度は、20度。21度から20度へ1度低くすることで、年間で約1,170円節約できます(外気温6度で2.2kwのエアコンを1日9時間使用)

次に暖房器具の効率を上げるにはどうしたら良いか。以下に記しました。

  • ドアや窓の開閉を少なくする。
  • 厚手のカーテンを使用。床まで届く長めのものが、なお効果的。
  • 暖房器具は窓のそばに設置。
  • 室外機は風通しの良い場所に設置。周囲は整理整頓を。
  • サーキュレーターや扇風機で、部屋の空気を循環させる(これらの電気代は少額)。
  • フィルターは月1~2回は掃除。
    フィルターは、目詰まりしているエアコン(2.2kw)と清掃したものを比較すると、年間約700円の節約になります。

ガス・石油ファンヒーターの節電術

こちらも、室温は20度を目安にしましょう。ガスで年間約1,390円、石油で約年間1,020円の節約になります(条件は、エアコンと同じ)。フィルター掃除も、勿論欠かさずに。
また、室温は急には下がらないので、外出や就寝の15分前に切るのが節約のコツです。

電気カーペットの節電術

カーペットを床に直接敷くと、熱が逃げて暖房効率が下がります。断熱マットなどを敷きましょう。

最近は、カーペットを分割して温める機能もあるので、人のいない部分はスイッチOFFにする方法も。一人で使用している分には良いのですが、家族が「私も座ろう」となったとき、「私のところは温かくない!」などと、家庭不和の原因になるので注意が必要かも。

これより、設定温度を低くした方が節約になるのではと筆者は思うのですが、調べてみると3畳用で設定温度を「強」から「中」にした場合、年間約4,090円節約できるそうです(1日5時間使用)

電気コタツの節電術

コタツは他の暖房器具と併用することが多いので、温度設定は控えめに。布団は1枚より上掛けと敷布団の2枚にすると保温効果が上がります。

筆者の自宅では、コタツ本体の電源は入れず、電気カーペットの上にコタツを置いていますが、こうすると下半身全体が温かく、一部分だけ熱くなることもないので、おススメです。

床暖房の節電術

床暖房は足元から体を温めるので、室温を低く設定しても快適に過ごすことができます。スイッチを切っても温かさは持続するので、外出や就寝の約30分前に切るようにしましょう。タイマーを使えば、切り忘れを防げます。
上には、カーペットやラグマットなどは置かない方が効果的です。もしベッドを置く場合は、ベッドの下に物を置かないようにしましょう。

以上暖房器具の節電術を紹介しましたが、どれを使用するにしても、衣類で体感温度を上げることも大切です。特に、首・手首。足首温めると結構が良くなり、体が温まります。

参考資料

LINEで送る

お問い合わせはこちらから 「どんな家がいいんだろう」「何から始めればいいの?」「見積もりをお願いしたい」「とにかくまずは見てみたい」に、私たちがお答えします。お気軽にご連絡ください。TEL 076-422-8489(平日:10:00~19:00)

※オスカーホームの対応エリアをお確かめください。対応エリアはこちらをクリックして確認

OSCAR J.J 住まいのトータルパートナー

建てる、買う、売る、直す。聞く、話す、知る。オスカーは全てカバーします。

  • 家を建てるなら OSCAR HOME
  • 困ったらすぐ電話しよう 住まいるオスカー
  • 不動産住宅を買うなら オスカー不動産
  • ショッピングモール GREEN STAGE
  • OSCAR J.J