ダイニングチェアをDIYで貼り替えてみた!

こんにちは。オスカーホーム新潟・工事の久保田です。

ダイニングチェアをDIYで貼り替え

妻の祖父母に結婚時に買ってもらったダイニングテーブルとチェアですが、10年もたつと合皮がぼろぼろと剥がれ落ちて、底当ての不織布も朽ち果ててしまいました。そこで、DIYで張り替えることを決意!それでは、手順を確認していきましょう。

BEFORE

用意したもの

  • タッカー
  • プラスドライバー
  • マイナスドライバー
  • ペンチ
  • 合皮4脚分(シンコール オールマイティーL2779・1250㎜×1500㎜)
  • 底布4脚分(1000㎜×2000㎜)(コロナの影響か不織布が手に入らず、高価な布を当てました…)

手順

1.座面をドライバーで外す

2.合皮をはがす
これがなかなか大変です。マイナスドライバーとペンチを使い4脚を2時間ほどかけて剥がしました。

3.合皮と底布を適当な大きさに切る。合皮はヨレをなくすために引っ張れるので若干大きめの方がよい。

4.合皮を貼る。まっすぐな部分を先に固定して、角は少しずつ折りたたみながら止める

5.底布を張る。

6.フレームに座面を取り付ける。

AFTER

総作業時間5時間ほどかけて、ようやく完成!!!総費用4脚で3500円ほどでした。

失敗した点は、底布を止める位置をあまり考えずに止めてしまったため、フレームからはみ出たり、届いていなかったりでタッカーの針が見えてしまいました。

下から見なければわからないので良しとしましょう。初めてにしては上出来かなと思います!

LINEで送る

お問い合わせはこちらから 「どんな家がいいんだろう」「何から始めればいいの?」「見積もりをお願いしたい」「とにかくまずは見てみたい」に、私たちがお答えします。お気軽にご連絡ください。TEL 076-422-8489(平日:10:00~19:00)

※オスカーホームの対応エリアをお確かめください。対応エリアはこちらをクリックして確認