新築住宅の保証はどのようなもの?

こんにちは、オスカーホーム営業支援室です。

住宅購入を決意するまでには、資金や間取りなどたくさんのことを考えなければなりません。一生に一度と言われる住宅購入ともなれば、慎重に検討するのは当然のことです。今回は、検討材料の一つ、住宅の保証についてご紹介します。

新築住宅の保証

雨漏りや基礎や柱の欠陥があったら?

注文住宅や新築分譲住宅には、引渡から10年間の瑕疵担保責任が義務付けされています。つまり10年間は建築会社が無償で直します。ただ、これが適応されるのは、基礎、柱、壁などの住宅の構造上重要な部分と屋根、外壁、開口部など雨水の侵入に関わる部分に限定されています。

また、万が一、建築会社が倒産していた場合は「住宅かし保険」に加入していますので、補修費用をお客様負担することはありません。

「住宅かし保険」で保証される部分は?

下の図にある、1.住宅の構造耐力上主要な部分と、2.雨水の侵入を防止する部分が住宅かし保険の適応範囲です。こうした場所以外には適応されません。

オスカーホームの保証

法律で定められている上記の「瑕疵担保責任」とは別に、多くの住宅メーカーや建築会社では、独自の長期保証を提供している場合が多くあります。オスカーホームでは、約30項目に分けてそれぞれに応じた保証を付けております。お引渡しの際に保証書をお渡しし、10年間の定期点検と保証をお約束しておりますのでご安心ください。

また、構造にかかわる保証期間を最長で20年まで延長する「20年保証」を設けており、お客様の大切なお住いの安全・安心をバックアップさせていただいております。気になる方は、お気軽にお問い合わせください。

>オスカーホームのアフターメンテナンス

LINEで送る

お問い合わせはこちらから 「どんな家がいいんだろう」「何から始めればいいの?」「見積もりをお願いしたい」「とにかくまずは見てみたい」に、私たちがお答えします。お気軽にご連絡ください。TEL 076-422-8489(平日:10:00~19:00)

※オスカーホームの対応エリアをお確かめください。対応エリアはこちらをクリックして確認