暑い夏にも、寒い冬にも大活躍のステンレスボトルで注意したい飲み物

こんにちは!石川南部営業所の德田です。最近はずっと暑い日が続いていますね。熱中症対策はのどが渇く前に水分補給をこまめに行うのがポイントですよ!

今回は今日みたいに暑い夏の日にも、寒い冬の日にも大活躍のステンレスボトルについてご紹介します。

利便性が高いステンレスボトル

皆さんご存知のように、ステンレスボトルは冷たいものは冷たいまま、熱いものは熱いまま飲むことができるという優れものです。結露もしにくいのでデスクに置いてもベタベタにならず、ペットボトルを買うお金も節約できて、さらにそれがエコにつながるというとっても便利なアイテムです。

片手で簡単に開けられるワンタッチタイプや、飲み口が広いマグタイプ、コップが付いているコップタイプなどがあり、その中でも保冷保温時間や重量、容量やデザインなどの違いがあるので、たくさん種類があります。

良いことだらけのステンレスボトルですが、入れるときに注意したい飲み物がいくつかあります。

飲み物によってはNG!ステンレスボトルに入れてはいけない飲み物

スポーツドリンク

スポーツドリンクに含まれる塩分がボトルの内側を刺激し、さびやすくなります。最悪、金属が溶け出したりしてしまうことも…。同様に塩分が含まれるものとして、味噌汁やスープ、昆布茶なども要注意です。ただし、塩分に強いボトルもあるそうなので、飲みたいときはそちらに入れましょう!

炭酸飲料

炭酸ガスによりボトル内の圧力が上がって、フタが開かなくなったり中身が吹きだしたりしてしまう恐れがあります。開けた瞬間に炭酸飲料が顔や服にかかったら大変です!

牛乳・果汁

腐ることによって発生したガスにより、炭酸飲料同様、フタが開かなくなったり爆発したりする恐れがあります。つまり、牛乳や果汁などは腐らせるほど放置しなければ大丈夫だということです。ただし、実際にガラス瓶に入った果汁などを常温で放置していて爆発した事例があるみたいなので、油断は禁物です!

※上記は全て、ステンレスボトルの取扱説明書に注意書きされております。

最近はデザインもお洒落になりサイズも豊富にあるので、公私問わずいつも持ち歩くアイテムにもなって来ました。注意書きを良く読まずに使ったりして大変なことにならないよう、くれぐれも注意して使いましょうね!

LINEで送る

お問い合わせはこちらから 「どんな家がいいんだろう」「何から始めればいいの?」「見積もりをお願いしたい」「とにかくまずは見てみたい」に、私たちがお答えします。お気軽にご連絡ください。TEL 076-422-8489(平日:10:00~19:00)

※オスカーホームの対応エリアをお確かめください。対応エリアはこちらをクリックして確認

OSCAR J.J 住まいのトータルパートナー

建てる、買う、売る、直す。聞く、話す、知る。オスカーは全てカバーします。

  • 家を建てるなら OSCAR HOME
  • 困ったらすぐ電話しよう 住まいるオスカー
  • 不動産住宅を買うなら オスカー不動産
  • ショッピングモール GREEN STAGE
  • OSCAR J.J