猛暑の危険!思わぬ破裂・発火から身を守ろう

猛暑の際は、ペットボトルやスマホが破裂や発火を起こすことがあります。思わぬ事故から身を守るには、どうしたらよいでしょうか?

高温になる車内は要注意

自家用車での移動が基本の北陸地方。快適に過ごすために色々なグッズを置いていますが、状況によっては事故につながることも。炎天下の車内は温度が短時間で上昇し、60°を超えることも珍しくありません。さらに直射日光が当たるダッシュボードは、80°超になることも。以下に注意が必要なものを記します。

1.ペットボトルの飲み残し

国民生活センターによると、「飲み残しを放置したことで、容器が破損したりキャップが飛んだりして、ケガをする例が出ている」とのこと。

原因は増殖した細菌が発生させるガス。これが充満し、ペットボトルの内圧を上げます。すると、少しの衝撃でキャップが飛び容器が破損します。炭酸水の場合、未開封でも容器が破損することがあるので、更に注意が必要です。

2.スプレー缶やライター

制汗消臭剤や日焼け止めヘアスプレーなどに使われる、スプレー缶。中の液体ガスは気化しやすいため、破裂してフロントガラスを直撃することもあります

3.化粧品やプラスティック

化粧品は溶けて変質、プラスティックは溶けて付着することがあります。

4.スマホやパソコン

高温な場所では、スマホやパソコンは使えなくなることがあります。一定温度を超えると、内蔵の保護機能が働くからです。
これらに使われるリチウムイオン電池は、通年で発火の危険があるので警戒を。設計や製造工程のミスや、保護機能の不具合が原因です。心配な場合は、店舗やメーカーにリコールされていないか確認しましょう。最も外部からの強い衝撃(スマホをポケットに入れた状態で転倒など)でも、発火は起こるので取り扱いは気を付けましょう。

月並みですが、車の中には物を長時間放置しない、整理整頓を行うことが大切です。例えば、夏にくもり止めや解氷スプレーは使用しないので、使う季節が来るまで車から出すなど、必要最低限のものを置くなどを心がけましょう。

5.コンセント周り

猛暑の時期だけではありませんが、家庭内ではコンセントやテーブルタップが発火する事故もあります。消費電力が大きすぎる、コードを巻いたまま使用する、コンセントにホコリが溜まるなどが原因です。消費電力の大きな機器にはテーブルタップなどを使用しない。定期的にプラグを抜き、乾いた布でホコリを取り除くようにしましょう。

日常生活に潜む危険は、意外に多いもの。重複しますが、整理整頓はやはり大切です。

LINEで送る

お問い合わせはこちらから 「どんな家がいいんだろう」「何から始めればいいの?」「見積もりをお願いしたい」「とにかくまずは見てみたい」に、私たちがお答えします。お気軽にご連絡ください。TEL 076-422-8489(平日:10:00~19:00)

※オスカーホームの対応エリアをお確かめください。対応エリアはこちらをクリックして確認

OSCAR J.J 住まいのトータルパートナー

建てる、買う、売る、直す。聞く、話す、知る。オスカーは全てカバーします。

  • 家を建てるなら OSCAR HOME
  • 困ったらすぐ電話しよう 住まいるオスカー
  • 不動産住宅を買うなら オスカー不動産
  • ショッピングモール GREEN STAGE
  • OSCAR J.J