室内の熱中症、ここに注意!

熱中症というと、屋外で起こるイメージがありますが、屋内でも発生します。今回は、室内での熱中症を防ぐポイントをお伝えします。

室内熱中症の状況

総務省消防庁では、熱中症による救急搬送者の内訳(平成25~平成30年合計)を公表しています。これによると、発生場所で住居(敷地内全てを含む)が4割を占める状況。意外に多い数値です。家の中にいたら安心というわけではありませんね。

室内といっても状況はいろいろ。以下に場所別に対策を紹介します。

場所別での熱中症対策

キッチン

火気を扱う台所は、要注意!熱とともに蒸気による湿気が発生して、高温多湿の状態に。調理中はエアコンの温度を下げる。換気扇を活用する。できるだけ火を使わない調理法に切り替えるなどしてください。

寝室

睡眠時の熱中症も多いもの。昼間に建物に熱がこもると、夜になり外の気温が下がっても、室温がなかなか下がらないことが。適切に冷房を使用して、睡眠環境を快適にしましょう。寝ている間に水分は失われるので、寝る前の水分補給は日課にするつもりで。枕元に飲み物を置いておくのも良いでしょう。

書斎(在宅ワーク時)

昨今の情勢を踏まえ、在宅ワークに切り替わった方も多いでしょう。仕事に集中していると、水分補給や休憩を忘れがちに。喉が渇いていなくても、決まった時間に水分補給をするように心掛けましょう。トイレの後や、オンライン会議の前は水分補給など決めておくのも良いですね。

また、パソコンなどの電子機器は、機器から発熱する場合もあるので、適切に冷房を使うようにしてください。

脱衣所やトイレなど

脱衣所やトイレ、廊下、階段など室内には冷房の効いていない場所は多いもの。狭いので空気がこもりやすいので、長時間滞在することのないように。

浴室(入浴時)

暑いとシャワーで済ませる方も多いですが、5分程度の短時間でも良いので、湯船につかりましょう。体を暑さに慣らすため、冷房で冷えた体を温めるため、そして疲れを取るためにも有効です。入浴前後は水分補給をして、換気も欠かさないようにしてください。

熱中症予防のポイント

いろいろなところで言われていますが、今一度確認しましょう。

  • 室内の温度をこまめにチェック。
  • 室温28度を目安に、エアコンや扇風機を上手に使う。
  • 喉が渇かなくても、こまめに水分補給。
  • 外出の際は体をしめつけない涼しい服装で。帽子や日傘で日除け対策を。
  • 無理せず、適度に休憩を。
  • 日頃から栄養バランスの良い食事と体力作りを。

夏の盛りは、熱中症に対する意識も高まりますが、初秋もいつ暑くなるか分からないので、注意が必要です。

 参考

LINEで送る

お問い合わせはこちらから 「どんな家がいいんだろう」「何から始めればいいの?」「見積もりをお願いしたい」「とにかくまずは見てみたい」に、私たちがお答えします。お気軽にご連絡ください。TEL 076-422-8489(平日:10:00~19:00)

※オスカーホームの対応エリアをお確かめください。対応エリアはこちらをクリックして確認

OSCAR J.J 住まいのトータルパートナー

建てる、買う、売る、直す。聞く、話す、知る。オスカーは全てカバーします。

  • 家を建てるなら OSCAR HOME
  • 困ったらすぐ電話しよう 住まいるオスカー
  • 不動産住宅を買うなら オスカー不動産
  • ショッピングモール GREEN STAGE
  • OSCAR J.J