ブラインドカーテン、その種類と選び方は?

たくさんの種類があるブラインドカーテン。今回は、その種類と選び方、またカーテンとの比較も含めてお伝えします。

カーテンのメリット・デメリット

ブラインドカーテンについて説明する前に、まずはカーテンのメリットデメリットを。

メリット

ファブリック素材と呼ばれる、布生地を使っているカーテン。一番のメリットは洗濯ができること(通常の衣類よりは、大変ですが)。取り外しがしやすく、開閉も手軽です。色や素材も豊富で、断熱性や遮光性など機能があるのも魅力的。季節によって取り変えることも可能なので、部屋の雰囲気も変えやすい。

デメリット

窓を覆い隠すものなので、窓が小さく見えてしますことがデメリット。また、湿気の多い場所ではカビが生えることも。

ブラインドカーテンのメリット・デメリット

Moka pot and coffee cup and laptop

ここからは、ブラインドカーテンについてですが、全体のメリットデメリットを紹介します。

メリット

羽根部分を開閉させて、好きな明るさに調光ができる。スラットの隙間から通風できるので、光を遮りながら換気ができます。

デメリット

素材により程度の差はありますが、強い風が吹くとカタカタと音がして、騒がしく感じることが。

次は種類別に、ブラインドカーテンを見ていきましょう。

横型、アルミブラインドカーテンのメリット・デメリット

White blinds on the window with white plastic. High quality photo

メリット

アルミ素材なので、軽くて水に強く錆びにくい。そのため、キッチンやお手洗い、バスルームなど水回りに設置できる。ホコリを落としやすいので、お手入れが簡単な点も。

デメリット

羽根部分がコードで束ねられているので、ホコリは落としやすいが掃除に手間がかかる。薄い金属は引っかかると危ないので、幼児がいる家庭にはおすすめできません。

横型、ウッドブラインドのメリット・デメリット

メリット

見栄えが良く、木のぬくもりが感じられる。和室にも馴染む。

デメリット

羽根部分がコードで束ねられているので、ホコリは落としやすいが掃除に手間がかかる。重厚感のあるものだと、開閉がしづらいことがあります。

縦型、バーチカルブラインドのメリット・デメリット

メリット

羽根が縦についているため、窓が大きく感じられる。横型よりも、ホコリがたまりにくく、お手入れがしやすい。布生地が主流のため、色や素材が豊富。衝突音が横型よりも控えめです。

デメリット

大きい窓向きのため、カーテンや横型ブラインドカーテンに比べて、少し価格が高い。

カーテンとブラインドカーテンの二刀流もあり?!

以上でカーテンとブラインドカーテンについて、お伝えしました。「どちらも捨てがたいな」と思った方、両方一度に使用する方法もあるのです。

レースカーテン代わりに、ブラインドカーテンを使用します(ブラインドカーテンが窓側になる)。昼間は、調光と目隠しをしつつ、換気ができます。夜はカーテンを閉めて、プライベートを守ることができます。

ブラインドカーテンは種類が豊富で、メリットデメリットもそれぞれ。場所によって使い分けをするのがいいかもしれませんね。

LINEで送る

お問い合わせはこちらから 「どんな家がいいんだろう」「何から始めればいいの?」「見積もりをお願いしたい」「とにかくまずは見てみたい」に、私たちがお答えします。お気軽にご連絡ください。TEL 076-422-8489(平日:10:00~19:00)

※オスカーホームの対応エリアをお確かめください。対応エリアはこちらをクリックして確認