「建築検査担当の現場レポート」

住まいるオスカーリフォーム工事の中間検査レポート

築28年在来工法の住宅リフォーム工事の中間検査に行きました。

今日は梅雨時期のいかにもといった、湿度が高くどんよりした天気です。

夕方まで天気が持つとの予報だったので、午後からの住まいる中間検査も雨は大丈夫だろうと思っていたら、出かける前からポツリポツリと。この時期の天気予報はやはりあてになりません。

今回検査する物件は、今年の春に【住宅診断(ホームインスペクション)】を行った築約28年の在来工法の住宅。そのときの住宅診断を基に、現在改装が進められています。

特に診断時ベランダ部分の劣化が目立ち、躯体(構造体)の被害が無いか心配でした。今回改修するにあたり、仕上げ材を全部はずして、躯体(構造体)の状態を確認しました。

心配に反して、躯体は水漏れ跡や腐食・シロアリ蟻害も見られず、まずは一安心。念のため、手摺部分は補強し防水も現在の仕様で復旧予定です。

↓住宅診断時

↓ 中間検査時のベランダ床と手すり

キッチン・お風呂の水周りも検査

キッチン・お風呂などの水回りも新たに入れ替えリフォームを行うとのこと。

元はタイル施工のお風呂だったのですが、今回ユニットバスに入れ替えます。検査時は解体直後で、見えなかった骨組みや配管の状態が確認できます。

リフォーム前の住宅診断時には原則目視での確認しかできなかったのですが、今回の中間検査では躯体の状態や配管も施工がキチンとされ、水漏れ跡もないことが確認されました。

今回、配管などはできる限り取り換える予定とのことですが、それでも優良な施工をされた物件で良かった。浴室などのかなりの確率で「シロアリ蟻害」や「水の浸入による腐食」があるので、今回のような物件を見るとホッとします。

↓旧の浴槽などを解体した様子

このリフォーム工事物件ですが、次回は【完成検査】で全体の仕上がりを確認します。

梅雨時期の天候が良くない日が続きますが、無事完成を向かえる為に、安全第一で工事を進めてもらうことを願います。

お問い合わせはこちらから 「どんな家がいいんだろう」「何から始めればいいの?」「見積もりをお願いしたい」「とにかくまずは見てみたい」に、私たちがお答えします。お気軽にご連絡ください。TEL 076-422-8489(平日:10:00~19:00)

※オスカーホームの対応エリアをお確かめください。対応エリアはこちらをクリックして確認

OSCAR J.J 住まいのトータルパートナー

建てる、買う、売る、直す。聞く、話す、知る。オスカーは全てカバーします。

  • 家を建てるなら OSCAR HOME
  • 困ったらすぐ電話しよう 住まいるオスカー
  • 不動産住宅を買うなら オスカー不動産
  • ショッピングモール GREEN STAGE
  • OSCAR J.J