「建築検査担当の現場レポート」

宅建士とホームインスペクションのつながり

宅地建物取引士証の更新のため、5年に1度の法定講習に参加してきました。

今回で2回目の更新なので、資格を取得してから、かれこれ10年経つことになります。

オスカーに入社して3年目にようやく合格したのが、もうそんなに昔の話だとは!本当に早いものです。

宅地建物取引士とは、不動産取引の際に必要不可欠な国家資格です。略して宅建士と呼ばれます。

講習の冒頭、住宅の劣化状況や欠陥がないかを専門家が検査する住宅診断=ホームインスペクションのお話がありました。宅建士とホームインスペクションにどんな関係があるのか?

近年、日本では空き家の増加が問題になってきています。

その空き家を中古住宅として流通活性化していきたいのですが、品質に不安のある中古住宅よりも新築住宅を選ぶ方が大多数なのが現状です。

そこで宅建業法を改正し、不動産取引の際に「ホームインスペクション実施の有無を宅建士が買い主に説明する」ことを義務化しようという動きが本格化しはじめました。
要するに、購入者に広く知ってもらうことで、住宅を検査するホームインスペクションの利用を普及させ、中古住宅を安心して購入してもらおうというねらいがあるわけです。

10年前にはほとんどつながりがなかった宅建士とホームインスペクション。

国を挙げて空き家問題に取り組まなければならない中、ホームインスペクションを普及させるために宅建士の役割にも変化があり、そして互いの重要性も増してきているのが感じとれる講習でした。

お問い合わせはこちらから 「どんな家がいいんだろう」「何から始めればいいの?」「見積もりをお願いしたい」「とにかくまずは見てみたい」に、私たちがお答えします。お気軽にご連絡ください。TEL 076-422-8489(平日:10:00~19:00)

※オスカーホームの対応エリアをお確かめください。対応エリアはこちらをクリックして確認

OSCAR J.J 住まいのトータルパートナー

建てる、買う、売る、直す。聞く、話す、知る。オスカーは全てカバーします。

  • 家を建てるなら OSCAR HOME
  • 困ったらすぐ電話しよう 住まいるオスカー
  • 不動産住宅を買うなら オスカー不動産
  • ショッピングモール GREEN STAGE
  • OSCAR J.J