「建築検査担当の現場レポート」

検査担当F氏に新しい相棒が出来ました。

新しいレーザー墨出し器を買いました。

私が今まで使っていたものよりもバージョンアップしているレーザー墨出し器がやって来ました。

左が今まで使っていた旧型。右が今回買った新型です。

サイズは大きくなりましたが、性能もレベルアップしています。

レーザー墨出し器とは:かつて大工さんたちが垂直や水平に線を入れる時に使っていた「墨つぼ」「下げ振り」「水平器」の役割を一つでこなせるハイテク機器です。垂直方向・水平方向にレーザーを照射するので材木などにいちいち印を付けたりする必要がない優れものです。最近では色々な建築現場で使われています。ただし、検査グループが使っているのは水平方向専用です。

早速、次の日の新築現場の建て方検査で使い始めました。

電源を入れると……、水平に赤いレーザーが照射されます。

赤いラインが見えるでしょうか?

部屋の複数の箇所で、このレーザーのラインの高さを測って、床に高低差がないかどうかを調べていきます。
高さに差がなければ床が水平だとわかるわけです。

 

旧型はレーザーの照射角度が120度と狭く、場所を移動するたびに手動で向きを変えるのが地味に大変でしたが、新型は一度に360度照射できるので、効率的に検査できるようになりました。実はこれが結構な違い!

これから良き相棒になってくれそうです。

お問い合わせはこちらから 「どんな家がいいんだろう」「何から始めればいいの?」「見積もりをお願いしたい」「とにかくまずは見てみたい」に、私たちがお答えします。お気軽にご連絡ください。TEL 076-422-8489(平日:10:00~19:00)

※オスカーホームの対応エリアをお確かめください。対応エリアはこちらをクリックして確認

OSCAR J.J 住まいのトータルパートナー

建てる、買う、売る、直す。聞く、話す、知る。オスカーは全てカバーします。

  • 家を建てるなら OSCAR HOME
  • 困ったらすぐ電話しよう 住まいるオスカー
  • 不動産住宅を買うなら オスカー不動産
  • ショッピングモール GREEN STAGE
  • OSCAR J.J