「建築検査担当の現場レポート」

2017年新標準仕様の制震装置「FRダンパー」でオスカーホームがさらに進化!

今日は新潟県のオスカーホームモデル住宅のフレーミング検査にやって参りました。

実は今日の検査は楽しみにしていた検査なのです。

それは…2017年から新たに標準仕様となった『制震装置』が取付けられているからです。

それがこちらの写真になります。

 

昨年までのオスカーホームの新築住宅は『耐震等級3』が標準仕様でした。『耐震等級3』は消防署や警察署など、防災拠点の建物と同じレベルなのです。

今年はさらに地震に強い最高クラスの住宅を提供し、「住宅の損壊を防ぐ・住んでいる人の命を守る」だけでなく「震災直後でもなるべく早く普段の暮らしに戻れる」ようにするべく、地震の揺れを吸収する『制震装置』を標準仕様としたのです。

オスカーホームが採用したのは3M社の【FRダンパー】という制震装置です。大きな揺れでの振動を抑える制震装置を採用している住宅会社が多いのですが、オスカーホームの住宅は元々振動に強い構造なので、小さな揺れから振動を抑えるのに有効な【FRダンパー】を採用しました。

詳しい制震装置の説明はコチラ

さて、検査した物件の『制震装置』はしっかりと取付けされておりました。ちなみに取付けるには約100本の専用ビスを打つ必要があります。それだけシッカリと取付けられているということです(大工さんお疲れ様でした)。

日々進化し続けるオスカーホームの住宅に対し、我々検査スタッフの知識も日々進化させていかなければなりません。

お問い合わせはこちらから 「どんな家がいいんだろう」「何から始めればいいの?」「見積もりをお願いしたい」「とにかくまずは見てみたい」に、私たちがお答えします。お気軽にご連絡ください。TEL 076-422-8489(平日:10:00~19:00)

※オスカーホームの対応エリアをお確かめください。対応エリアはこちらをクリックして確認

OSCAR J.J 住まいのトータルパートナー

建てる、買う、売る、直す。聞く、話す、知る。オスカーは全てカバーします。

  • 家を建てるなら OSCAR HOME
  • 困ったらすぐ電話しよう 住まいるオスカー
  • 不動産住宅を買うなら オスカー不動産
  • ショッピングモール GREEN STAGE
  • OSCAR J.J