「今の暮らしに和室って必要?」を考えてみた。現在の洋和室とその使い方

多くのお客様が新築住宅を検討する上で一つポイントとなるのが、和室です。「あれば使うけど、無くてもイイかな…」というご意見が、意外と多く聞かれます。

現代の生活では和室を使う機会も減り、フローリングと違ってお手入れも少し手がかかります。

一方で、多くの住宅が洋風スタイルな中、和室の感触や見た目は精神的に落ち着くという方も多く、畳があるだけで家の雰囲気が変わります。最近は床だけが畳で、壁・天井は和風テイストのクロス貼りのいわゆる「洋和室」も多くなっています。

オスカーホームの洋和室の事例:洋風寄りのもの

DSC_4960_R-960x639 DSC_9461_R

オスカーホームの洋和室の事例:和風寄りのもの

DSC_0148_R-960x639 DSC_0947

和室が家にあった場合の使いかたとメリット

和室が必要かどうか悩まれている方のためにポイントをまとめました。

1.来客の際の応接間として

お客様をお迎えする部屋として、玄関からすぐに入れるようにレイアウトしてあると、戸を閉めることでプライベートなリビングを見られることはありません。
また、小さなお子様のお昼寝スペースにも最適です。
ご家族の目がお子様に届くと安心ですよね。
DSC_5752

2.リビングと一体になり広く感じます

リビングに隣接した和室の戸を開けば、リビングがより一層開放的で広い空間になります。冬には、二間続きでこたつでの暮らしも楽しめます。また、お仏壇を置くスペースや布団を置く押入れスペースにもなります。

3.将来まで見越した間取りづくり

将来、自分たちの部屋として使えます。
毎日階段を上り下りせずに、和室で寝る事が出来ます。
などなど、いざという時にとっても便利です。

家族構成や生活スタイルによって、様々な用途が広がる和室。皆さまもぜひ、自分たちだけの和室を考えてみてはいかがでしょうか?

LINEで送る

お問い合わせはこちらから 「どんな家がいいんだろう」「何から始めればいいの?」「見積もりをお願いしたい」「とにかくまずは見てみたい」に、私たちがお答えします。お気軽にご連絡ください。TEL 076-422-8489(平日:10:00~19:00)

※オスカーホームの対応エリアをお確かめください。対応エリアはこちらをクリックして確認

OSCAR J.J 住まいのトータルパートナー

建てる、買う、売る、直す。聞く、話す、知る。オスカーは全てカバーします。

  • 家を建てるなら OSCAR HOME
  • 困ったらすぐ電話しよう 住まいるオスカー
  • 不動産住宅を買うなら オスカー不動産
  • ショッピングモール GREEN STAGE
  • OSCAR J.J