マフラーのお手入れの豆知識。洗濯方法や洗濯できないマフラーのお手入れ

冬場大活躍のマフラー。次の冬も気持ちよく使えるように、お手入れの豆知識をお伝えします。

日々のお手入れはブラッシング

マフラーを、使う度に洗うマメな人は多くないでしょうが、やはりキレイを保ちたいもの。普段は洗う代わりに、ブラッシングがおススメ。

洋服用の豚毛や馬毛などの柔らかい物を選びます。シワを整えながら、ブラシをマフラーに対して垂直に当て、真っすぐ下ろすようにブラッシング。その後、ハンガーに架けて直射日光の当たらない風通しの良い場所に干します。ホコリを払い落とし、着用中に絡んだ繊維の表面を整えることで、毛玉ができにくくなります。シワが気になる場合は、スチームアイロンで蒸気を当てた後、手で撫でて整えます。

一日空けて使うのが理想的なので、交互に使用できるように2枚は用意しておきたいところです。

洗濯できるマフラーのお手入れ

洗濯表示で「洗える」と確認できれば、他の洗濯物と一緒に洗濯機へ!というわけではなく、洗濯機のデリケートコース(ドライ、手洗い、ソフトなど)を使いましょう。洗う時にはネットに入れて、型崩れを防止。

ネットは、マフラーやストールをたたんだ状態よりも少し大きめのものを。大きすぎると、中で動いて形が崩れやすく、逆に小さすぎると、水が中に入り込み、汚れが落ちにくくなります。

また、顔の近くで使うアイテムなので、ファンデーションや皮脂などの汚れが気になります。そんなときは、ネットに入れる前に部分洗いを。

洗濯不可マフラーのお手入れ

洗濯表示が「洗濯不可」の場合は、無理せずクリーニング店などの専門家に相談を。どうしても自分で洗いたい場合(稀に、受け入れてもらえないこともあるので)は、洗濯機を使わず優しく手洗いを。このときも、ネットに入れます。

注意が必要な素材

色落ちするもの、シルクやウール・カシミヤなど風合いをできるだけ変えたくない素材は、注意が必要。仕上げには柔軟剤を使いましょう。

干し方のコツ

脱水後は、すぐにネットから取り出して洗います。干すときは、両手で挟み軽く押さえてシワを取り、形を整えます。フリンジ部分の絡まりは、ほどいて。竿にM字に干す、または「タオルを巻いたハンガー」に架けるとハンガー跡がつきません。伸びやすい素材(ニットなど)は、平干しにしましょう。

筆者もシーズンに何回かマフラー洗っていますが、ネットには入れるものの後は他の洗濯物と同じという雑な状態で…。今回調べたことを念頭に置いて、お手入れしたいと思います。

参考資料

LINEで送る

お問い合わせはこちらから 「どんな家がいいんだろう」「何から始めればいいの?」「見積もりをお願いしたい」「とにかくまずは見てみたい」に、私たちがお答えします。お気軽にご連絡ください。TEL 076-422-8489(平日:10:00~19:00)

※オスカーホームの対応エリアをお確かめください。対応エリアはこちらをクリックして確認

OSCAR J.J 住まいのトータルパートナー

建てる、買う、売る、直す。聞く、話す、知る。オスカーは全てカバーします。

  • 家を建てるなら OSCAR HOME
  • 困ったらすぐ電話しよう 住まいるオスカー
  • 不動産住宅を買うなら オスカー不動産
  • ショッピングモール GREEN STAGE
  • OSCAR J.J