戸建ては空き巣に狙われやすい!防犯対策をしっかりと

マンションに比べ、空き巣の被害に遭いやすいと言われる戸建て。今回は、戸建てに空き巣が侵入する方法と、対策についてお伝えします。

戸建てが空き巣に狙われやすい理由

マンションには警備員が配置されている、高層マンションは侵入が難しいということで、空き巣にはハードルが高いです。

対して、一軒家にはまず警備員はいません(よほどの豪邸は除きますが)。また、1~3階建てが多いため、侵入のハードルは低いです。つまり戸建てに住んでいる人は、自身の家は自分で守らないといけないのです。

空き巣の侵入方法

無施錠の窓

玄関のドアの鍵をかけ忘れたことはなくても、窓の鍵に関しては、「忘れたことあるな…」という人も多いのでは。無施錠の窓がある一軒家を探して、そこから絞り込み侵入する空き巣が非常に多いのです。外出時は、ドアだけでなく全ての窓を施錠することを心掛けましょう(書きながら、少し耳の痛い筆者です)。

ガラス破り

狙いを定めた空き巣が、どうしてもその家に侵入したいと考えれば、窓が施錠されていた程度ではあきらめません。「こじ破り」「打ち破り」など、様々な手段で窓を割ろうとします。

そのためには、窓の鍵を増やす、鍵のついている雨戸を取り付けるなどの、対策が必要です。また、手軽に行える防犯対策として、防犯用フィルムを窓に貼るという方法があります。

合鍵

窓からの侵入に比べ少ないですが、玄関の鍵を開けて堂々と侵入してくる空き巣もいます。

空き巣の中には、鍵をこっそり手に入れて合鍵を作り侵入する不届き者もいるのです。何故、そうなるのか?「財布の中に鍵を入れて、財布と一緒に鍵をなくした」という場合、財布には免許証や保険証など貴重品が入っています。そこから、鍵も住所も手に入れて、「入られ放題」になるのです。財布の中に鍵を入れないのは勿論ですが、基本合鍵は人に貸さない、鍵をなくしたらすぐに付け替るなどの対策を。

空き巣の対策

防犯カメラの設置

空き巣は人目があるときは、侵入をためらいます。防犯カメラが多数設置されている家は、泥棒しようという気があまりおきません。万一入られても、防犯カメラの映像から犯人を捕まえることができる可能性もあります。防犯カメラを選ぶ際は、夜間でもハッキリ映すことができるものを選びましょう。

センサーライトの設置

夜間、家族がまだ起きているとき、使っていない部屋から空き巣が浸入するケースも。在宅中に遭遇したら…最悪です。

空き巣と鉢合わせしないために、人の気配に反応してライトが光るセンサーライトを設置しましょう。慌てて逃げていくでしょう。また、ライトが光ることで「誰か来た」といち早く気が付くことができ、危険を未然に防ぐことができます。

死角をなくす

空き巣は、誰にも見られず侵入しないといけません。ブロック塀や植え込みなどで周囲が覆われている戸建ては、好都合です。とはいえ、住人の立場ではプライベートは守りたいもの。前述の防犯カメラやセンサーライトを、死角になる場所に設置するのもよいでしょう。また、防犯砂利(歩くと音が出る砂利)をまいておく方法もあります。

家の周囲を整理整頓

家の周囲に使い古した物が無造作に置いてある、風に飛ばされたゴミや落ち葉が、掃除されずに放置。こんな状態では、家に人があまり寄り付かず、防犯意識も低そう、と思われる可能性は大いにあります。また、放火の心配もあります。家の周囲は整理整頓して、スキを見せない工夫も必要です。

空き巣は、どんな家でも被害にある可能性のある犯罪です。前述のような地道な対策をすることで、「この家は防犯意識高い系だから、侵入してもムダ」と、思わせるような「空き巣に嫌われる家」になりましょう。

 

LINEで送る

お問い合わせはこちらから 「どんな家がいいんだろう」「何から始めればいいの?」「見積もりをお願いしたい」「とにかくまずは見てみたい」に、私たちがお答えします。お気軽にご連絡ください。TEL 076-422-8489(平日:10:00~19:00)

※オスカーホームの対応エリアをお確かめください。対応エリアはこちらをクリックして確認

OSCAR J.J 住まいのトータルパートナー

建てる、買う、売る、直す。聞く、話す、知る。オスカーは全てカバーします。

  • 家を建てるなら OSCAR HOME
  • 困ったらすぐ電話しよう 住まいるオスカー
  • 不動産住宅を買うなら オスカー不動産
  • ショッピングモール GREEN STAGE
  • OSCAR J.J