ペットも赤ちゃんも大切な家族~一緒に暮らすときの注意点は?

ペットを飼っている夫婦に、赤ちゃんが産まれて共に暮らす。珍しいことではありません。でも、そんな状況での暮らしには、色々注意すべきことがあります。

ペットのしつけと衛生管理は大前提

ペットと赤ちゃんが一緒に暮らすには、しつけができていることが大前提(赤ちゃんがいなくても当然ですが)。具体的には、

・トイレトレーニングができている。
・むやみに人を舐めない。
・人に攻撃的な態度を取らない。

飼い主との信頼関係ができていることは言うまでもありません。また、ペットの衛生面が保たれているかも必須事項です。例えば、

・散歩の後に足を洗う。
・トリミングやシャンプー・爪切り・ブラッシングを適度に行う。
・ペットの毛をこまめに掃除する。

これら基本的なことができていないのは、赤ちゃんにとって不衛生で危険な状況です。妊娠中というより、妊娠を考えたときから訓練しておく必要があります。

具体的に注意すること

1.アレルギー

犬や猫の毛やフケ・よだれなどにより、アレルギー反応が起こり、くしゃみ・鼻水・かゆみ・喘息などの症状が現れます。発症を防ぐために、室内を常に清潔に保ち、シャンプーやブラッシングなどをこまめに行いましょう。

空気清浄機の使用もおススメです。赤ちゃんと寝室を別にすること、抜け毛は下に溜まるのでベビーベットを使用する方法も。

2.感染症

赤ちゃんは抵抗力も弱いため、ペットの持っている感染症にかかる心配もあります。感染の原因は赤ちゃんがペットと接触し、舐められることがあげられます。ですので、ペットと赤ちゃんの接触はできるだけ避けましょう。ペットの感染症の予防接種や定期健診は忘れずに。

3.衛生面

ハイハイ時期の赤ちゃんは、色々なものに興味津々。何でも口に入れて確かめようとします。エサ皿やトイレには近づけないようにし、特に排泄物や吐しゃ物には絶対に触らせないように。

4.安全面

床に布団を敷き赤ちゃんを寝かせておくと、ペットが飛び乗る危険があるので、赤ちゃんはベビーベットに寝かせましょう。重複しますが、抜け毛やホコリを吸い込む危険も防げます。

5.ペットの気持ちも考えよう

ペットにしてみれば、今まで飼主の愛情を一身に受けていたところに、新参者の赤ちゃんが現れるわけですから、嬉しいはずありません。話せない分、粗相をする無駄吠え・噛みなどの激しい行動に出ます。

このようなときは、スキンシップを心掛け、「君(ペット)も赤ちゃんも同じくらいかわいいよ」と分かりやすく接する必要があります。人間の場合の、第一子が産まれたときの第二子と同様に接しましょう。

ペットと赤ちゃんが暮らすメリットは?

赤ちゃんがいるのにペットと暮らしている家庭は、傍からみると大変そうです。しかし、良いこともあります。赤ちゃんはペットと暮らすことで、免疫力が向上して風邪や感染症などにかかりにくい、と言われています。またペットによる癒し効果、精神面の支えになるだけでなく、老いや生死を間近で見ることで、生命について学ぶこともできます。

ペットも赤ちゃんも大切な家族です。折り合いを付けながら、楽しく暮らしてください。

LINEで送る

お問い合わせはこちらから 「どんな家がいいんだろう」「何から始めればいいの?」「見積もりをお願いしたい」「とにかくまずは見てみたい」に、私たちがお答えします。お気軽にご連絡ください。TEL 076-422-8489(平日:10:00~19:00)

※オスカーホームの対応エリアをお確かめください。対応エリアはこちらをクリックして確認

OSCAR J.J 住まいのトータルパートナー

建てる、買う、売る、直す。聞く、話す、知る。オスカーは全てカバーします。

  • 家を建てるなら OSCAR HOME
  • 困ったらすぐ電話しよう 住まいるオスカー
  • 不動産住宅を買うなら オスカー不動産
  • ショッピングモール GREEN STAGE
  • OSCAR J.J